インドネシア ジャワ幹線鉄道電化・複々線化工事を受注

PR TIMES / 2012年10月10日 17時44分



~ジャカルタ周辺の輸送力を増強~

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村 邦晴、以下「住友商事」)および三菱重工業株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:大宮 英明、以下「三菱重工」)は、インドネシアの首都ジャカルタ近郊の幹線鉄道電化・複々線化工事 Package B-1を総額約210億円で受注し、10月10日インドネシア運輸省鉄道総局と契約締結に至りました。

本件は、日本政府からインドネシア政府へ供与される特別円借款により実施される鉄道プロジェクトであり、ジャカルタ首都圏のブカシ線(マンガライ~ブカシ~チカラン)を電化・複々線化する案件です。

マンガライ~ブカシ間(15キロメートル)ではジャワ幹線鉄道(長距離線)とジャボタベック鉄道(通勤線)の線路共用を分離・解消し運行効率化を図ります。またブカシ~チカラン間(17キロメートル)では日系企業を中心とする工業団地、住宅開発で需要が拡大する通勤鉄道の電化・延伸を図る、同国の鉄道セクターにおける最重要案件の一つです。

今回契約を締結したPackage B-1は、上記路線内のマンガライ駅の架線改良、ブカシ~チカラン間(17キロメートル)の電化工事、全線の既設信号の置換え、変電所建設等が契約対象です。完成は2016年末を見込んでいます。既存の鉄道が運行する中での輸送力増強工事となるため、日本の優れた鉄道技術を最大限に活用し、夜間など限られた時間内で工事を実施する難度の高いプロジェクトです。

住友商事と三菱重工は2007年に円借款によるジャカルタ首都圏のデポック車輌基地建設を完工しており、本件はこれに続く受注となります。

経済成長著しいインドネシアでは、今後も首都ジャカルタ首都圏を中心として多くの都市鉄道が計画されており、両社は今後もインドネシアでの鉄道インフラへの貢献と受注拡大を目指していきます。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング