デルタ航空、航空博物館をリニューアルオープン

PR TIMES / 2014年6月20日 16時25分

6万8, 000平方フィートの展示スペースで、デルタ航空と民間航空産業の発展の歴史を紹介 旅客便運航85周年の記念日に開館



【米国アトランタ、2014年6月17日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、「デルタ航空博物館」をリニューアルオープンしました。アトランタの本社屋に隣接し、6万8,000平方フィートの広さを有する航空博物館は、85年間にわたるデルタ航空の歴史と、民間航空産業の発展の軌跡を、航空機やユニフォームなどの展示を通して紹介しています。

博物館がリニューアルオープンした本日は、1929年6月17日にテキサス州ダラスからミシシッピー州ジャクソンへの初の旅客便を運航して以来、85周年の記念日となります。

デルタ航空博物館は、501(c)(3)団体(寄付行為に対する税制上の優遇措置が認められている非営利団体)で、1940年代にデルタが使用していた二つの整備用ハンガー(格納庫)の場所にあります。デルタ航空基金や他のスポンサーからの寄付により、歴史ある建物を大幅に改装し、博物館として一般公開されることになりました。デルタ航空博物館は2011年に航空史跡(Historic Aerospace Site)に指定されています。

博物館に展示された数百の展示品の多くは、はじめて一般公開されるものです。常設展示には、1929年のデルタ航空初の旅客便に使用された航空機に近い型のトラベルエアー6Bセダン機、1982年に従業員が資金を出して会社のために購入したボーイング767型機「スピリット・オブ・デルタ」、デルタ航空便として空を飛び、従業員とボランティアによる修復作業を終えたDC-3型機など、歴史的な5機の航空機が含まれます。

博物館には客席117席をもつ劇場と、ロッキード L-1011 トライスターの胴体部分を使用した30席の会議室が併設されているほか、コンベア880機のコックピット展示、ボーイング737-200型機のフルモーション・シミュレーターの体験コーナーがあり、操縦体験を楽しむことができます。このフルモーション・シミュレーターは、デルタ航空のパイロット訓練に実際に使用されていたもので、米国内で唯一、一般公開されるものです。

博物館ツアーでは、南部の郊外にて農薬散布の会社として起業した当時から始まり、初期のプロペラ機時代の旅客サービスからジェット機時代へとご案内します。特別展示では、創業者であり初代の最高経営責任者であるC.E. ウールマンの肖像画や発言集、私物品などが展示されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング