キヤノンITソリューションズが、教育機関向けLMSビジネスの推進をさらに強化 米Blackboard社製品の取り扱いをスタート

PR TIMES / 2012年12月19日 10時37分

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、LMS(学習管理システム)市場の拡大を強力に推進してきました。今回、12月20日より、新たに「Blackboard Learn」「Blackboard Mobile」「Blackboard Collaborate」などのBlackboard製品をラインナップに加え、LMS市場においてさらなる拡販を目指します。

現在、さまざまな大学・高等教育機関で導入され、学校運営では欠かすことのできない存在になっているLMS。学習支援・評価をはじめ、教育リソースの共有化、学内コミュニティの構築など、学内ICT活用において重要な役割を担っています。

キヤノンITSでは、LMSを文教向けソリューションにおける戦略的な市場と位置づけ、これまでもその拡販を強力に推進してきました。OSS(オープンソースソフトウェア)の「Moodle」を中心としたLMSでは、すでに複数の大学・高等教育機関への導入実績があり、高い評価を得ています。また、2012年には、これまでに蓄積したLMSのノウハウと技術力をベースに、独自開発の授業支援サイト構築ツールやPortalサイト構築ツールなどのLMS製品をリリースし、より細かなユーザーニーズに対応できるよう商品構成を拡充しています。

今回、世界75カ国、約9,300以上の高等教育機関・K12(小中高)等に導入され、1,500万人以上が利用している、商用パッケージのBlackboard製品を新たにラインナップに加えました。OSS製品と商用パッケージ製品をラインナップに揃えることで、ユーザーのニーズに合わせた、よりきめの細かい提案が可能になります。

キヤノンITSでは、これらの充実したLMS製品のラインナップで、大学等の高等教育機関をはじめとする文教市場に対して、より質の高い教育体験を可能とするソリューションを提供し、現在各教育機関の課題となっている“教育の質の向上”“学校競争力・ブランド力の強化”“グローバル人材の育成”といった課題解決を支援します。キヤノンITSでは、初年度に5校、3年後には20校への導入をBlackboard製品の販売目標としています。

■ Blackboard 製品 高等教育機関向けライセンス 価格(最小構成/年間使用料)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング