BSIジャパン、東芝テック株式会社の紙を繰り返し使える複合機システムに対するライフサイクルアセスメント検証を実施

PR TIMES / 2012年11月12日 18時50分

~ 世界初(※1)、「消去」「分別」「電子化」を同時に行うエコ・プリンティング ~



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、東芝テック株式会社(東京都品川区 取締役社長 鈴木 護、以下東芝テック)が発売する「紙を繰り返し使える複合機システム(以下 本複合機システム(※2))」の使用によるCO2削減量の算定方法(LCA:ライフサイクルアセスメント)について、検証を行いました。CO2算定方法に対してBSIジャパン(第三者機関)の検証を受けることにより、独自の算定方法に対するCO2の削減量が何に基づいているかという説明責任をより確実なものにすることを目的としています。これまでも環境配慮に対する数値化(CO2等)の公表は、多くの組織で行われてきましたが、より正確で確実な数値を公表し、企業の説明責任・透明性を強化するという面で、第三者機関からの検証を受けることが有効となります。

 東芝テックの本複合機システムは、瞬時に消せるトナーを使うことにより用紙を繰り返し使用(※3)することができ、用紙製造に起因するCO2 排出量を削減することができます。また、トナーの色を消す際に、情報を電子化できることも大きな特徴です。通常、会議などで一度使用した資料はファイリングするか廃棄するかのどちらかですが、このシステムを使うことで紙の資料をファイリングすることも廃棄することもなく、紙に書かれた内容をデータに変換して文書を保存することが可能となります。

※1:2012年11月1日時点で量産化されている電子写真技術を利用し普通紙に印字する複合機のカテゴリーにおいて世界初の製品となります。(東芝テック調べ)

※2:本複合機システムは、複合機:e-STUDIO306LP(海外機名) / Loops LP30(国内機名)と消色装置:e-STUDIO RD30 (海外機名) / Loops RD30(国内機名)で構成される。

※3:使用環境によって再利用できる回数は異なります。


≪ライフサイクルアセスメント検証の概要≫
 BSIジャパンは、ISO14040及びISO14044に従い、東芝テックの本複合機システムの検証を行いました。この検証では、本複合機システムを使用して、紙を5回繰り返し使用した場合と、通常のMFPで紙を使用した場合の5年間のライフサイクルアセスメントの算定方法について確認しました。算定方法が基準(ISO14040及びISO14044)に従い、広く一般的に説明できるものであるかという観点で検証したものです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング