共通ポイントサービス「Ponta」会員数6,000万人を突破

PR TIMES / 2014年1月15日 15時14分

~2010年3月のサービス開始から3年10ヵ月で達成~

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」) は、2014年1月12日(日)に、Ponta会員数6,000万人を突破したことをお知らせいたします。



 LMは、消費者へのよりよいサービス提供への貢献と、企業へのマーケティング支援を通じて、「無駄のない消費社会」の実現に貢献することを企業理念に掲げ、2010年3月1日に、マーケティング企業の根幹となる共通ポイントサービス「Ponta」を開始しました。
 会員数2,007万人から開始した「Ponta」は、提携社の拡大に伴い会員数が増加し、サービス開始から3年10ヵ月で、提携社70社、6,000万会員に拡大。「取引件数」は、2013年7月に過去最高を記録し、月間約1億8,000万件にまで成長しています。
 Ponta会員の皆様からのご愛顧、提携社の皆様による「Ponta」の積極的なご活用に、心より感謝申し上げます。


<「Ponta」のサービス・利用シーンの広がり >

 LMは「Ponta」を通して、会員の皆様には、Ponta提携社を始めとする様々なシーンでポイントを「ためる・つかう」利便性、おトク感、楽しさを提供し、提携社の皆さまには、消費者ニーズに基づいたよりよいサービスの提供につなげるためのマーケティング支援を行っています。
 共通のプラットフォームである「Ponta」は、提携社の皆さまに自社のポイントサービスとして積極的にご活用いただくことにより、会員と提携社からなる「Ponta」の経済圏を拡大して参りました。
 現在、「Ponta」の利用シーンは、「Ponta」が“家でも・街中でも”どこでも広がる生活密着型サービスコンセプト『B2O2O(Broadcast to Online to Offline)』のもと、店頭だけでなく、スマートフォン、テレビへと広がっています。


 LMは、今後も引き続き、Ponta会員へ更なる「便利・おトク・楽しい」体験を提供し、Ponta提携社に顧客のニーズに即した新たなマーケティング支援を行うことで、企業理念である「無駄のない消費社会への貢献」を目指して参ります。


【共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」とは】
1枚のポイントカードで様々な提携企業の共通ポイントを、ためる、つかうことのできる便利でおトクなサービスです。会員数6,000万人(2014年1月12日時点)を有する共通ポイントサービスで、提携企業70社、日本全国約22,100店(2014年1月1日時点)にて利用が可能です。
 Pontaオフィシャルサイト「Ponta.jp」: http://www.ponta.jp/
 Ponta公式Twitter: https://twitter.com/Ponta
 Ponta公式Facebook: https://www.facebook.com/ponta.official

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング