フリースケール、RFパワー・アプリケーション開発を簡素化する新システムを導入

PR TIMES / 2014年6月10日 12時2分

ポータブル多機能計測機能を通じてRFアプリケーション開発の複雑さを軽減する 業界初の統合RFパワー開発システム



フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、RFパワー・アプリケーションの開発を簡素化し、個性的な次世代RFパワー・ソリューションの開発を促進するよう設計された新たなシステム「RF Power Toolシステム」を発表しました。市場で唯一の包括的な統合RFパワー・アプリケーション開発システムとなるフリースケールのRF Power Toolシステムは、アプリケーション開発に必要とされるRFラボ装置のサイズ、コスト、複雑さを最小限に抑えます。さまざまなRFベンチ・ツール機能が単一ボックス内に統合されているため、RF評価装置のベンチを完全に用意する必要がなくなります。

革新的なRFパワー・アプリケーションの設計に欠かせないコンポーネントをモジュール式のポータブル・ユニットに組み込んだフリースケールの新しいRF Power Toolシステムは、フリースケールが提供するRFパワー分野の評価ボードやリファレンス・デザインとの完全な互換性を備えており、設計プロセスの簡素化、開発コストの削減、市場投入の迅速化を実現します。新システムは、PCやフロント・パネルから直接実行可能です。また、従来のRFベンチ・セットアップに比べはるかに低いコストで、わずか数分で起動できます。

フリースケールの上席副社長兼RF部門担当ジェネラル・マネージャであるポール・ハートは、次のように述べています。「フリースケールの新しいRF Power Toolシステムは、他に例のないアプローチを採用しており、一般的なRFベンチで利用されているさまざまな評価ツールが統合されているため、ベテランの人もそれほどの経験を持たない人も、先進的なRFアプリケーションの開発を迅速かつ容易に進めることができます。この業界初の開発システムは、競争が激しく目まぐるしく変化する市場において、製品の差別化を図り成功を収める上で何が必要とされているのか、フリースケールが深く理解していることを実証するものです。」

フリースケールのRF Power Toolシステムは、アプリケーションに応じてRF条件を定義できます。システム検証が容易で、リアルタイムで性能モニタリングやデータ・ロギングが可能なため、アプリケーションのトレードオフを評価できます。これによって、加熱装置や移動無線、ISM、放送用製品など、独自のRFパワー・アプリケーションの設計、開発、評価、更新に必要な時間が削減されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング