OnDeck電子書籍ストア利用率調査 アップルiBookstoreが初登場で2位 2人に1人はKindleストアを利用 「電子書籍ストア利用動向調査―OnDeck 2013年4月調査版」6月7日発行

PR TIMES / 2013年6月10日 15時3分



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は6月0日、電子書籍ストアの利用率に関する調査結果を発表しました。調査対象は、インプレスR&Dが発行する電子出版産業に携わる人向けのEPUBマガジン「OnDeck weekly」の読者。実施期間は4月22日から4月26日、有効回答数は646件。調査結果は、6月7日発売の「電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck 2013年4月調査版」に掲載しています。

■「Kindleストア」の利用者は49.4%
2012年10月に日本でサービスを開始したKindleストアは、利用率49.4%となりました。利用している理由を伺うと、「Amazonのアカウントで利用できるので」「どのデバイスでも読めるし、点数が豊富」「Kindleのワンウリック購入が非常に楽だから」と、ネット書店としての強さと、専用端末だけでなく、iPad/iPhone、Androidといった各種端末でも利用できるといった利便性が高く評価されています。

また、「短期間で撤退して読めなくなる可能性が少ないだろうと思ったから」と、国内電子書籍ストアのサービス終了と比較して選択したと回答する人も目立っています。

■2月にサービスを開始した「iBookstore」は15.8%で2位スタート
一方、2013年2月に日本でサービスを開始したアップルのiBookstoreは、利用率15.8%で初登場2位となりました。前回2位だった紀伊國屋書店Kinoppyは、14.7%と利用率を伸ばしたものの3位に後退。以下、Reader Store、楽天kobo、BookLive!と続いています。

■専門分野を持つ電子書籍ストアは根強い支持を集める
注目は、BOOK☆WALKERやeBookJapanなど、得意分野を持つ電子書籍ストアの利用率が安定しているという点です。これらのストアは総合ストアとともに併用されるケースが多く、利用者の信頼も得ています。圧倒的な強さを見せたKindleストアと共存するための、いいケースといえるかもしれません。


今回の調査結果は、過去5回の調査結果との比較、ストアごとのクロス集計とともに、「電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck 2013年4月調査版」に掲載しています。

『電子書籍ストア利用動向調査-OnDeck 2013年4月調査版』

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング