【JAF九州】「平成26年度 JAF九州本部ロードサービス技術競技大会」を開催しました

PR TIMES / 2014年11月11日 17時17分

ロードサービスの甲子園!

JAF九州本部は10月27日、福岡市にて「平成26年度 JAF九州本部ロードサービス技術競技大会」を開催しました。



一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)九州本部(本部長 有田 耕一)は平成26年10月27日(月)、姪浜ドライビングスクール(福岡市西区)にて「平成26年度 JAF九州本部ロードサービス技術競技大会」を開催しました。

この大会は、安全対策や救援技術、接客等の競技を通してロードサービスの品質向上を図るため2年に1度開催しているもので、一次選考に合格した10名が「九州一のロードサービス隊員」を目指して、救援実技三種目および学科の力量を競い合いました。

そのうち「タイヤパンクの救援」においては、お客様役の女性審査員から車の症状を聞き出し、不具合の原因を探求し、作業内容について分かりやすい説明ができるか、が審査されました。中には丁寧な説明に注力するあまり制限時間内に作業を終えられなかった競技者もいましたが、日々の経験を活かしながら積極的に取り組む姿がみられました。

同本部では今後もこのような競技大会や研修を積極的に実施することで技術力の向上やお客様との信頼関係構築につなげ、より質の高いロードサービスを提供できるよう努めてまいります。

<関連URL>
http://jafevent.jp/event_info/area_info/report.php?From=detail&contribution_id=83283

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング