フリースケール、エネルギー効率に優れた32ビット・プロセッサ・コアを採用した サブギガヘルツ・ワイヤレス・マイクロコントローラの出荷を開始

PR TIMES / 2014年6月24日 10時56分

スマート・メータ・コネクティビティやセンサ制御ネットワークに理想的な ARM(R) Cortex(R)-M0+プロセッサベースのKinetis KW01ワイヤレス・マイクロコントローラ

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、優れた実績を誇るKinetis(キネティス)Wシリーズ・マイクロコントローラ製品ラインを拡充するワイヤレス・マイクロコントローラ「Kinetis KW01」の出荷を開始したことを発表しました。ワイヤレス・ネットワークで構成されるスマート・オブジェクト・アプリケーションに理想的なKinetis KW01マイクロコントローラは、量産デバイスとしては初めてARM Cortex-M0+ベースの汎用サブギガヘルツ無線機能を備えています。

現在、屋外や屋内のスマート・オブジェクト・ネットワークを対象として、さまざまな新プロトコルが世界規模で利用され始めていますが、そこでは、堅牢な通信と低消費電力性能が必要とされます。Kinetis KW01プラットフォームは、高度な変調方式(GFSK、MSK、GMSK、OOK)を利用した最大600Kbpsの高性能無線通信により、これらの要件を満たすとともに、290~1020MHzの幅広い周波数範囲で動作が可能なため、日本、アメリカ、ヨーロッパ、中国、インド、ブラジル、メキシコなど、各国のISMバンドをサポートします。また、低消費電力のMCUを搭載しているので、数多くのネットワーク・プロトコルに対応することができます。

KW0xワイヤレス・マイクロコントローラは、多数のスマート・メータを共通のデータ収集ポイントに接続する近隣エリア・ネットワーク(NAN)や、多数の街灯・屋外センサを接続するメトロポリタン・エリア・ネットワーク(MAN)といった屋外アプリケーション向けに、さまざまな独自プロトコルや業界標準のIEEE(R) 802.15.4e/gプロトコルをサポートします。他の屋外向けターゲット・アプリケーションとしては、スマート・シティ・ネットワーク(街灯、パーキング・メータ、水道メータ、インフラストラクチャ品質管理センサ)、ビルディング・コントロールなどがあります。一方、KW01ワイヤレス・マイクロコントローラは、各種センサや制御装置、ディスプレイ、家電製品、機械類をワイヤレスで接続する屋内アプリケーション向けにも、さまざまな独自プロトコルや6LoWPAN、WMBUS(EN13757-4)、KNXといった標準プロトコルをサポートします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング