~六甲山 冬の風物詩~「自然体感展望台 六甲枝垂れ」で「氷の切り出し」を大寒の1月20日(月)10:00から行います!

PR TIMES / 2014年1月16日 15時23分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)の子会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が六甲山上で運営する「自然体感展望台 六甲枝垂(しだ)れ」では、2014年1月20日(月)に、「氷棚(ひょうだな) ※1(別紙参照)」にできた天然の氷を切り出し、その氷を夏まで貯蔵するため、「氷室(ひむろ)」に氷を運び入れる「氷の切り出し」を行います。



◆自然体感展望台 六甲枝垂れ
「氷の切り出し」概要

【日時】 1月20日(月) / 10:00~
【備考】
当日は、六甲枝垂れにご入場のお客様にも「氷の切り出し」を見学していただけます。
氷を貯蔵する「氷室」は、通常は一般公開していない部屋ですが、1月20日(月)10:00~14:00に限り、一般のお客様にも「氷室」を特別公開します。

■自然のサイクルを生かした冬行事
「自然体感展望台 六甲枝垂れ」は、建築家「三分一博志(さんぶいちひろし)氏」による設計の展望台で、2010年7月13日に六甲山のランドマークとして開業しました。六甲枝垂れでは、六甲山の四季折々の自然を体感できる様々な試みがなされています。
この度行う「氷の切り出し」もそのひとつで、夏に実施する「冷風体験 ※2(別紙参照)」に必要な天然の氷を、冬の間に採取するための行事です。
この冬、標高880mの六甲山上に位置する六甲枝垂れでは、12月初旬頃から連日、気温が氷点下を記録しており、建物周囲にある「氷棚」には、厚さ10cm程の氷が張っています。
採取した氷は展望台内部にある「氷室」に夏まで貯蔵します。夏になると、「氷室」の中に六甲山に吹く風を取込んで冷却し、その風を「風室(ふうしつ)」という部屋に送ることで、冷風を体感できます。この自然循環システムは、かつて六甲山で行われていた「氷の切り出し」をヒントに考え出されました。
この機会に、皆さまには六甲山の冬の魅力や歴史を再認識していただくとともに、自然と調和した「自然体感展望台 六甲枝垂れ」の様々な工夫を知っていただければ幸いです。

■六甲山での「氷の切り出し」の歴史
六甲山では、山上に作った溜め池に厚く張った天然の氷を冬の間に採取して氷室に貯蔵し、春から夏にかけてその氷を麓まで降ろし、神戸や大阪の市街地まで運んで売っていた歴史があります(冷蔵庫ができるまで、氷は大変貴重でした。)。
※氷を運んでいた道は「アイスロード」という名称で、現在もハイキング道として残っています。

別紙はこちら http://www.rokkosan.com/images/140116_kiridashi_betu.pdf


【リリース資料に関する問い合わせ先】
六甲ガーデンテラス 担当
TEL:078-894-2281/FAX:078-891-1171
住所:神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
URL:http://www.rokkosan.com/view/


発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング