エアークローゼットが、“サーキュラーファッション”の実現に向けた取り組みを強化

PR TIMES / 2020年12月24日 15時15分

<レンタル提供終了アイテムの販売><試着後返却アイテムのリユース>を実施

株式会社エアークローゼット(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:天沼 聰)は、基幹事業のファッションレンタルサービス『airCloset(エアークローゼット)』を中心とした“サーキュラーファッション”の実現に向けた取り組みを強化いたします。まずはシェアリングモデルである『airCloset』を軸に、事業・プロジェクト等を通して自社で取り扱うお洋服を最大活用する取り組みを実施します。また、将来的にはファッション業界全体での“サーキュラーファッション”実現に貢献していくことを目指しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11623/151/resize/d11623-151-823577-0.jpg ]


■お洋服を最大活用する“サーキュラーファッション”のプラットフォームへ

欧米諸国を中心に従来の大量生産・大量消費の一方通行な経済「リニアエコノミー」から、廃棄物を出すことなく資源を循環させる経済「サーキュラーエコノミー」への転換は進んでいます。しかし、日本ではまだあまり普及していないのが実態です。また、ファッションが環境に与える影響は大きく、国内衣服廃棄量は年間約33億着にのぼり、そのうちの約8割は焼却や埋め立て処分されているのが現状です。* 不要となった衣服はほとんどがリユース・リサイクルされていません。それだけではなく、1度も着られないまま捨てられてしまうお洋服もたくさんあります。この現状を変えるには、ファッション業界におけるサーキュラーエコノミー=“サーキュラーファッション”の構築が不可欠です。

当社は日本の“サーキュラーファッション”の構築を推進するため、自社での取り組みを中心にお洋服を循環できる基盤をつくっています。今後はその基盤を活かして、業界全体でお洋服を循環できるような体制を構築していきたいと考えています。
* 中小企業基盤整備機構「繊維製品3R関連調査事業」報告書(平成21年度)
[画像2: https://prtimes.jp/i/11623/151/resize/d11623-151-849555-1.png ]


“サーキュラーファッション”を支える、エアークローゼットの「循環型物流」と「メンテナンスノウハウ」

当社はサスティナブルにファッションが楽しめるよう、“サーキュラーファッション”の実現に向けてビジネス設計およびサービス提供に取り組んでいます。
基幹事業の月額制ファッションレンタルサービス『airCloset』のシェアリングは、“サーキュラーファッション”を実現させるためのベースであり、お洋服一着一着の着られる機会を増やし無駄に捨てられることを防ぐ「循環型の持続可能な仕組み」であると考えています。この仕組みを支えているのが、シェアリングサービスの提供を通して独自に構築してきた「循環型物流」と検品・クリーニング・リペア等の「メンテナンスノウハウ」です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/11623/151/resize/d11623-151-551151-2.jpg ]



■<レンタル提供終了アイテムの販売><試着後返却アイテムのリユース>を新たに実施

当社は創業当初からお洋服をシェアリングするというサービスモデルで『airCloset』を運営してきました。また2018年12月より始動した、着なくなったお洋服を回収するプロジェクト『shareCloset(シェアクローゼット)』を実施しています。

2020年は新たに、レンタル提供が終了したアイテムを販売する「エコセール」(4月より実施)と、提案型ファッションEC『airCloset Fitting(エアクロフィッティング)』で試着のみされた返却アイテムの『airCloset』内シェアリング(8月より実施)の2つの取り組みを開始しました。今後さらに、このようなお洋服の最大活用に向けた取り組みの強化を図ってまいります。


[画像4: https://prtimes.jp/i/11623/151/resize/d11623-151-439617-3.jpg ]

【エコセール】
『airCloset』では、レンタル提供を終了するアイテムが一定数発生してしまいます。しかし、ベルトやリボンに不備があるだけで状態のよいパンツやスカートなど着用可能なアイテムも多いため、そのようなレンタル提供終了アイテムを限定価格で販売する取り組みを定期的に実施しています。エコセールは『airCloset』の会員登録の有無は問わず、どなたでもご参加いただけます。

【『airCloset Fitting』返却アイテムのリユース】
スタイリストによるパーソナルスタイリングとご自宅での試着・購入体験を組み合わせた提案型ファッションEC『airCloset Fitting』は、毎回5点の新品のお洋服をお届けしています。そこでお客様が購入せずに返却した、試着のみされたアイテムを『airCloset』のレンタルアイテムとして活用しています。


■エアークローゼット代表・天沼コメント

[表: https://prtimes.jp/data/corp/11623/table/151_1.jpg ]



エアークローゼットでは、SDGsを“あたりまえ”に取り組むものとして捉え、17の目標すべての達成を目指しています。今後も当社単体の事業設計やキャンペーン施策、各社とのアライアンスなどを通して、様々なプロジェクトを実施してまいります。



『エアークローゼットのSDGs推進』特設ページ: https://corp.air-closet.com/sdgs/



株式会社エアークローゼット

[画像5: https://prtimes.jp/i/11623/151/resize/d11623-151-681788-4.jpg ]

日本初・国内最大級、女性向けの月額制ファッションレンタル『airCloset(エアークローゼット)』をメインとするプロのスタイリストによるパーソナルスタイリングサービスの運営会社です。その他、実店舗の『airCloset×ABLE(エアークローゼットエイブル)』、自宅完結型の新しい購買体験をしていただける『airCloset Fitting(エアクロフィッティング)』で、全国の女性のライフスタイルに寄り添うファッションとの新しい出会い体験をご提案し続けています。2020年4月にはメーカー公認月額制レンタルモール『airCloset Mall(エアクロモール)』でファッション以外の分野でも事業展開をスタート。全国のみなさまに、"ワクワクする自分にぴったりな良いモノとの出会い"をお届けします。

<エアークローゼットのサービス>
ファッションレンタルサービス『airCloset』: https://www.air-closet.com/
ファッションレンタルショップ『airCloset×ABLE』: http://aircloset.able.co.jp/
提案型ファッションEC『airCloset Fitting』: https://fitting.air-closet.com
メーカー公認月額制レンタルモール『airCloset Mall』: https://mall.air-closet.com/

<会社概要>
社名 : 株式会社エアークローゼット (airCloset, Inc.)
設立 : 2014年7月15日
代表者 : 代表取締役社長 兼 CEO 天沼 聰
役員 : 取締役副社長 兼 COO 前川 祐介/取締役 小谷 翔一/社外取締役 榊原 健太郎/社外取締役 月森 正憲
所在地 : 〒107-0062 東京都港区南青山3-1-31 NBF南青山ビル5F
URL : https://corp.air-closet.com

<本件に関するお問い合わせについて>
株式会社エアークローゼット PR担当:鈴木・中野
TEL:03-6452-8654 MAIL:pr@air-closet.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング