1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

生徒たちが作ったラジオ番組をオンエア! 「南三陸町・戸倉から、2年目の春だより」 3月11日(月)~13日(水)クロノス「追跡」コーナーで放送

PR TIMES / 2013年3月5日 11時38分

TOKYO FM 『クロノス』(月-金6:00-8:30)では、宮城県本吉郡
南三陸町の戸倉中学校にて、「未来授業」と題した授業を実施。番組パーソナリティの中西哲生と高橋万里恵が、生徒たちにラジオ番組作りを指導しました。番組タイトルは「戸倉の町から、2年目の春だより」。生徒たち自身が町の人々にインタビューし、震災から2年目の“今”そして“未来”をリポートしました。

この模様のドキュメントと番組ダイジェストは、3月11日(月)~13日(水)にクロノス「追跡」コーナー(7:20頃)で放送します。
また番組の完全版は、登米コミュニティFM「H@!FM(はっとえふえむ)」で3月10日(日)10:30-11:00放送されます。



今回のラジオ番組作りでは、パーソナリティの中西哲生と高橋万里恵が、番組のテーマ設定から、取材先の選定、インタビュー取材の方法まで、実際のラジオ番組作りのノウハウを伝授しました。「インタビューするときは、いきなり本題に入らず、まず相手の気持ちをほぐしてから。助走が大事!」という中西らしいアドバイスも。
生徒たちは、町会議長に復興住宅や集団移転の計画を聞いたり、牡蠣やホタテの養殖の再生について漁協で話を聞いたり、郷土芸能の鹿子踊りの復活にかける人や、復興商店街で働く人など、さまざまな身近な大人たちにインタビューを実施しました。そんな大人たちの声を聞いて生徒たちが感じたこととは・・・。番組のラストでは、生徒たちの思いが力強く語られます。
子供たちの目線から見た「戸倉の今、南三陸の今」が生き生きと伝わってくる番組。ぜひご期待下さい。

【「クロノス」と戸倉中学校の交流】
クロノスでは東日本大震災後、2011年4月18日(月)~5月15日(日)までの期間、被災地の子供たちに図鑑を届けるプロジェクトを実施し、リスナーから1万冊を超える図鑑が寄せられました。その1部を、同年6月、南三陸町の戸倉小学校と中学校に番組から直接届けました。これを機に2012年には「卒業式のお手伝い」や「WWFジャパンとの特別授業」などを実施し、同校との交流を続けています。

【「クロノス」番組概要】
■番 組 名: 中西哲生のクロノス 
■放送日時: 毎週月曜日~金曜日 6:00~8:30
 (JFN系列全国38局ネット・一部東京ローカル)
■出 演 者: 中西哲生・高橋万里恵
■番組HP : http://www.jfn.co.jp/ch/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください