【ダイエットに関するアンケート調査】ダイエットをやめた人は3割強。やめた理由は「面倒くさくなった」が最多、「ダイエットが成功した」「効果が実感できなかった」「時間がなくなった」が続く

PR TIMES / 2014年7月31日 9時25分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、8回目となる『ダイエット』に関するインターネット調査を2014年7月1日~5日に実施し、11,006件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19215/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■「現在ダイエットをしている」が2割強、「過去にしたことがある」が3割強で、これらをあわせたダイエット経験者は6割弱。ダイエットに関する情報を収集している人は7割弱。情報源は「テレビ番組」が4割強で、2位以下を大きく上回る
■ダイエットをやめた理由は「面倒くさくなった」が最も多く、「ダイエットが成功した」「効果が実感できなかった」「忙しくなり、時間がなくなった」などが続く
───────────────────────────────────────────



◆体型意識
自分の体型を気にしている人は67.2%です。体型を気にしている女性は8割弱で男性より多く、また年代が低いほど多い傾向でます。男性では30・40代が多くなっています。

◆ダイエットの経験、ダイエットに関する情報収集
ダイエットの経験者は、「現在ダイエットをしている」(24.7%)、「過去にしたことがある」(33.7%)を合わせて58.4%です。男性では5割弱、女性では7割弱となっています。「現在ダイエットをしている」は、女性は年代が低いほど多く、10代では4割弱です。「過去にしたことがある」は、男性は40代、女性は30代以上で多くなっています。

ダイエットに関する情報を収集している人は7割弱です。情報源は「テレビ番組」(44.2%)が最も多く、2位以下の「雑誌記事・広告」「家族・友人・知人」「テレビCM」「本・書籍」などを大きく上回ります。女性10・20代では、「ダイエットや美容・健康に関するサイト」「ブログ、個人のホームページ」「SNS、Twitter」などが多くなっています。


◆ダイエットをする理由
ダイエットをする理由は、「体型・スタイルを良くするため」(60.8%)が最も多く、次いで「健康状態を改善するため」(42.0%)、以下「自分自身で体型・スタイルの変化を感じたため」「生活習慣病を予防するため」「洋服をかっこよく着るため」が続きます。男性では「健康状態を改善するため」「体型・スタイルを良くするため」「生活習慣病を予防するため」、女性では「体型・スタイルを良くするため」「自分自身で体型・スタイルの変化を感じたため」「洋服をかっこよく着るため」が上位3位です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング