「ティファニー中部国際空港店」リニューアルオープン

PR TIMES / 2018年4月26日 11時1分



ティファニーは、4月27日(金)に「ティファニー中部国際空港店」をリニューアルオープンいたします。2005年に中部国際空港にオープンした同店は、今回のリニューアルでティファニーの最新のデザインコンセプトを取り入れた店舗として生まれ変わります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10426/152/resize/d10426-152-645807-0.jpg ]

ティファニー中部国際空港店は、中部地方の空の玄関口である中部セントレア国際空港に位置し、2005年のオープン以来、海外にご出発される多くのお客様をお迎えしています。今回のリニューアルでは、ファサードに淡いグレーベージュの色を採用し、高級感と上品さを演出しています。広く設けたエントランスの左側には、ティファニーの伝統的なモチーフである“ウィートリーフパターン”(麦の穂の紋様)とティファニーブルーのパネルを組み合わせたデザインをアクセントに使用しています。

リニューアルされた店舗では、手前のオーバル型のショーケースと奥のL字型のショーケースにて、ファッションジュエリーからファインジュエリー、ブライダルジュエリー、ウォッチコレクションまで、ティファニーの商品を幅広く展開しています。また正面奥に設置されたウォールケースでは、ホーム&アクセサリーコレクションを紹介しています。店内の床には白い大理石調タイルを採用して、明るく高級感のある雰囲気を演出しつつ、壁面にはベージュカラーのオーク材と淡いブルーカラーのファブリックで仕上げたパネルを使用し、ブランドの世界観をブティック全体で表現しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10426/152/resize/d10426-152-948426-1.jpg ]

店内のインテリアには、ティファニーが180年の歴史の中で培ってきた象徴的なデザインやモチーフが随所に散りばめられています。壁面には、ニューヨークの風景やブランド創設者であるチャールズ・ルイス・ティファニーのアートワークが飾られ、ティファニーがニューヨークを代表するジュエラーであることを印象付けています。オーバル型のショーケースの上にはシャンデリアが飾られ、店内右手の壁にはティファニーのアーカイブコレクションのスケッチに頻繁に登場する“マグノリア”(モクレン)の花をモチーフにデザインしたウォールが設置され、明るく清潔感のある店内にエレガントな輝きを与えています。

ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク社長のダニエル・ペレルは、同店のリニューアルオープンに際し、次のように述べています。「ティファニー中部国際空港店は、中部地方の空の玄関口である中部国際空港から海外にご出発される国内外のお客様を数多くお迎えしている重要な店舗です。このような活気溢れる魅力的な場所に、この度、最新デザインを備えたブティックをお披露目できることを嬉しく思います。また、アメリカを代表するトップジュエラーとして知られるティファニーの洗練された世界観を、皆様にご堪能いただけることを心より願っております。」

ティファニー中部国際空港店 概要
店名表記 : ティファニー中部国際空港店
所在地 : 愛知県常滑市セントレア1-1
電話番号 : 0569-35-8320
リニューアル営業開始日 : 2018年4月27日(金)
売り場面積 : 約21坪
営業時間 : 7:00~21:30
休業日 : 年中無休

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング