「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」3月2日(火)新発売

PR TIMES / 2021年1月21日 13時15分

~大容量・常温でもうまい「ファイア ワンデイ」シリーズから、カフェラテの“微糖”という新たな提案~

キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)は、「ファイア ワンデイ」シリーズから「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」を、3月2日(火)より全国で新発売します。



コーヒー市場※1では、ペットボトルコーヒーの販売が拡大傾向※2にあり、中でもカフェラテは、2019年の販売量が2015年比で約2倍と大きく成長しており、同市場において最もお客様が多いカテゴリー※3となっています。一方で当社は近年、お客様の健康志向の高まりを受けて、有糖のイメージが強いカフェラテから徐々に無糖・低糖飲料へのシフトが起きているとみています。
※1 缶やペットボトルに入ったすぐ飲めるRTD(Ready to Drink)コーヒー市場
※2 2020年食品マーケティング調べ(2000年‐2019年販売箱数)
※3 2020年インテージSCI調べ(2015年‐2019年販売本数)

今回、600mlの大容量サイズで冷たくても常温でも楽しむことができる「ファイア ワンデイ ラテ微糖」を新発売することで、お客様に、ペットボトル入りのカフェラテにおいて「微糖」という健康軸の新たな選択肢を提案します。大容量・常温でも楽しめる本商品は、リモートワークやオフィスで、仕事をしながら楽しみたいお客様にぴったりです。

当社は2021年事業方針ビジョンに「CSV※4を基軸としたポストコロナに向けた再成長」を掲げています。「ファイア ワンデイ」シリーズの「ファイア ワンデイ ブラック」は、発売2年目となる2020年年間販売数量が前年比約1割増と好調に推移しました。今年は新たに「ファイア ワンデイ ラテ微糖」を発売し、「摂りすぎない健康」をテーマに、ペットボトルコーヒー飲料においても「無糖・低糖」カテゴリーの商品を充実させることでお客様の健康な毎日に貢献します。
※4 Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造

「キリン ファイア」は、これからも“火”にこだわったおいしさで、お客様の心に火をともし、前に進む勇気を与えるコーヒーブランドとして、さらなる品質の向上と革新的な提案を行っていきます。

[画像: https://prtimes.jp/i/17850/152/resize/d17850-152-409394-0.png ]



●「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」
1.中味について
すっきりとした甘さで飲みやすい味わいでありながら、直火珈琲の香ばしさを感じる、冷たくても常温でもおいしい微糖のカフェラテです。 ※100mlあたり20kcal
2.パッケージについて
マイボトルをモチーフにしたゴールドベースのデザインで、仕事や運転のシーンにも合うスタイリッシュなデザインです。


キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

-記-
1.商品名 「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」
2.発売地域 全国
3.発売日 2021年3月2日(火)
4. 容量・容器 600ml・ペットボトル
5.価格(消費税抜き希望小売価格) 148円

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング