リリース4ヶ月でユーザ数10万人突破!セルフアンケートASP 「Questant」(マクロミル)

PR TIMES / 2014年3月12日 11時5分

 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下マクロミル)は、昨年2013年10月31日にサービス提供を開始したセルフアンケートASP「Questant(クエスタント)」(https://questant.jp/)のユーザ数が2014年3月7日時点で10万人を突破したことをお知らせします。




 「Questant」は、ネットリサーチ国内実績No.1のマクロミルのノウハウをシステムに搭載した、誰もが簡単に利用できるセルフアンケートASPとして、企業から個人まで幅広く利用されています。

 2013年10月31日のサービスリリース後、2013年11月25日に有料版を提供開始、2014年2月3日には英語版と、スマートフォンからのアンケート作成機能の提供を開始するとともに、この時点でユーザ数が3万人を突破していたことを発表しておりました。直近では前月比300%以上のペースでユーザ数が増加するなど、普及スピードがさらに加速し、一気に10万人突破に至りました。


 今後は、既にユーザから多数寄せられているさまざまな改修要望にスピーディにお応えしつつ、ポータルサイトと連携したリバーサンプリングの仕組み(会員を持たない方でもアンケートが実施可能)の提供、CRMサービスと連携したアンケート機能、一般消費者のライフスタイルを把握できる新たなデータベースの追加など、さらに便利なマーケティングシステムに進化していく予定です。圧倒的にかんたんで優れたアンケートシステムを早期に実現してまいります。

<Questantについて>
https://questant.jp/
Questantは、これまでアンケートを作成したことがない人でも、まるで画面と会話をするように、簡単かつ快適にアンケートを作ることを可能にしました。作ったアンケートは、そのままWebサイト上に設置したり、メールやSNSで呼びかけたりするなど、様々な方法で告知する事ができます。また、回答画面はタブレットやスマートフォンにも最適化しており、アンケート作成者だけではなく回答者にもやさしいシステムです。更に、感性を刺激する「独自のアンケート集計ツール」を開発しました。Web画面上で、グラフを自分の好きな色や形にカスタマイズするなど、すべての作業を画面上で完結する事を可能とし、集計画面がそのままプレゼンテーションに使える世界を実現します。プライベートシーンからビジネスシーンまで幅広くご活用いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング