既成概念にとらわれない革新的かつハイセンスなプリ機衝撃Debut!! 新発想の「リアル背景」搭載 ~プリントシール機『GYZA(ギザ)』11月中旬発売~

PR TIMES / 2013年9月5日 11時53分

フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗)は、プリントシール機『GYZA(ギザ)』を、11月中旬に発売します。



 冬の新商品『GYZA』は、「NOT プリ BUT プリ」という商品コンセプトのもとで開発された、これまでのプリのイメージを一新する、次世代型プリントシール機です。

 『GYZA』の最大の特徴である、写りの撮影タイプのひとつ「EDGY(エッヂィ)」コースでは、雑誌のような白肌の色味に仕上げることで、新感覚のオシャレな写りを実現しました。また、スタジオ撮影のようなハイセンスな雰囲気を表現するため、背景として従来まで使用していた緑のクロマキーカーテンを無くし、合成しないリアルな白背景を採用。さらにアップ撮影では、被写体を傾ける処理を加えた「ななめSHOT」、全身撮影では計算された新しい画角の「全身SHOT」を搭載し、どちらも一歩先行くオシャレ感を演出します。

 多彩な新機能に加え、過去に例を見ない大胆な外装デザインを採用するなど、新時代を切り開く先駆的なプリントシール機となるべく、既成概念の打破に『GYZA』は挑戦します。


◆ “オシャレ”を極めた新感覚の写り

 『GYZA』は、対極の存在である2つの仕上がりコースを搭載しました。外装のシャープなイメージそのままの「EDGY」コースでは、雑誌のようなツヤ感のあるオシャレな仕上がりを、「BEAUTY」コースでは、ふんわりとした立体的な写りで、誰もが美しくなれる仕上がりを体験できます。
 また、「EDGY」コースは合成無しのリアルな白背景、「BEAUTY」コースは最先端のオシャレな「デザイン背景」と組み合わせることで、より一層コース別の写りが引き立ち、全体の完成度を高めます。


◆ 常識を覆す新発想、「リアル背景」


 「EDGY」コースでは緑クロマキーを使用せず、リアルな白背景=「リアル背景」を採用しました。撮影後に背景デザインを合成しない手法を採ることで、より自然に被写体の輪郭や影が表現可能に。また、服や髪色の変色も起きないため、その日のファッションをそのまま残せ、今までのプリでは味わえない、ワンランク上の美しい仕上がりを実感できます。


◆ 傾きをつけたハイセンスな撮影モード

 アップ撮影では通常の「正面SHOT」に加え、被写体に角度をつけた「ななめSHOT」を新搭載。このわずかな傾きにより、一気にトレンド感がプラスされたオシャレな画像に仕上がります。また「全身SHOT」*1は、新開発の計算されたベストな画角で、顔もしっかり盛れて*2ファッションも残せる、ベストバランスの全身撮影を実現。
 『GYZA』ならアップも全身も、エッヂの効いたハイセンスな画像が撮影のみで簡単に完成します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング