【レオパレス21】個性溢れる多数の応募作品から厳選 『ロフトアイデアコンテスト』結果発表!

PR TIMES / 2014年9月1日 12時20分

http://www.leopalace21.com/osirase/loft_contest.html



株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、代表取締役社長:深山英世、以下レオパレス21)は、2014年6月16日(月)から7月29日(火)までの期間に開催していた『ロフトアイデアコンテスト』の選考を実施し、ご応募いただいた多数の作品から「新しいロフト提案部門」、「ロフト活用アイデア部門」のそれぞれ「最優秀賞」と「優秀賞」を決定いたしました。

『ロフトアイデアコンテスト』は、レオパレスのお部屋でも人気の高いロフトについて、新しい発想のロフトをイメージした提案や活用アイデアなどの写真を募集し、「最優秀賞」に選ばれた方には賞金5万円、「優秀賞」に選ばれた方には国内レオパレスホテル1泊2日ペア1組2名宿泊券をプレゼントするものです。

今回、個性溢れる多数の応募作品の中から、新しいロフト提案部門では、最優秀賞に布目和也様の「Up Down Loft」、優秀賞に宮崎明子様の「room 101」を、ロフト活用アイデア部門では、最優秀賞として角屋公一様の「ロフト 寛ぎの間」を選定いたしました。
※審査の結果、ロフト活用アイデア部門の優秀賞については該当者なしという結果になりました。

各受賞作品の詳細については下記URLからご覧ください。
http://www.leopalace21.com/osirase/loft_contest.html

【新しいロフト提案部門】最優秀賞
タイトル:「Up Down Loft」 受賞者:布目 和也 様

【受賞者コメント】
引き降ろす形のロフトの提案です。キッチン吊戸棚でよくあるように手前に引き降ろして使用する形のロフトをイメージしてください。ベッドや作業机、収納スペースを組み込んであります。そのつど必要なものを引き降ろして使用することにより、部屋を広く有効に使えます。

【新しいロフト提案部門】優秀賞
タイトル:「room 101」 受賞者:宮崎 明子 様

【受賞者コメント】
ある一般的なロフト物件の空間を再構成して、ハイエンドなロフト1Kを提案する。ロフトの下に収納や台所など、天井が低くても構わない機能を極力まとめ、キッチンを充実させた。キッチンは部屋から入るようにした。来客をキッチンを通さず招くことができ、落ち着いて料理が楽しめる。ロフトへのアクセスは梯子ではなく階段を設け、その下部も収納として利用し、スマートに暮らせる工夫をしている。

【ロフト活用アイデア部門】最優秀賞
タイトル:「ロフト 寛ぎの間」 受賞者:角屋 公一 様

【受賞者コメント】
趣味の本やパソコンを置いて書斎として使っています。4畳半程のスペースですが、天井が低いので座るととても落ち着きます。写真には写っていませんが、右側にミニコンポが置いてあり、休日の午後など、ジャズを聴きながら珈琲を飲むのが楽しみのひとつです。東側に窓がある為非常に明るく、屋根裏というイメージは全くありません。春秋の肌寒い頃は差し込む陽差しが暖かくて至福の気分です。工夫した点:スペースを有効に使えるように天井の低い壁側に収納棚を置き、明るい窓側に奥行きが無くて幅の広いテーブルを配置しました。収納棚とテーブルは手作りです。

※上記の作品は、当社ロフトの活用例や推進例ではなく、あくまでコンテストの作品として応募されたものです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング