【炭酸飲料に関するアンケート調査】炭酸飲料の飲用者は8割強、「週1回以上」が4割弱。購入場所は「スーパー」が7割弱、「コンビニ」「自販機」が3~4割

PR TIMES / 2014年8月7日 9時15分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、7回目となる『炭酸飲料』に関するインターネット調査を2014年7月1日~5日に実施し、10,976件の回答を集めました。本調査でいう炭酸飲料とは、アルコール飲料は含みません。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19203/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■炭酸飲料の飲用者は8割強、「週1回以上」が4割弱。飲用頻度は男性10代で高い
■炭酸飲料飲用者の選定時の重視点は「味、飲み口」「価格」に続き、「商品ブランド」「メーカー名」「飲み慣れている」「カロリーゼロ」「甘さ控えめ」の順で多い。購入場所は「スーパー」が飲用者の7割弱、「コンビニエンスストア」「自動販売機」が各3~4割
───────────────────────────────────────────



◆炭酸飲料の飲用頻度、直近1年以内に飲んだ炭酸飲料
炭酸飲料の飲用者は全体の83.0%、「週1回以上」が38.4%です。飲用者や飲用頻度は男性の方が多く、男性10代では「週1回以上」が6割を占めます。直近1年以内に飲んだ炭酸飲料は、「三ツ矢サイダー」「コカ・コーラ」が各4~5割で上位2位、「コカ・コーラゼロ」「C.C.レモン」「カルピスソーダ」が続きます。「コカ・コーラ」は、男性が女性を約12ポイント上回ります。


◆炭酸飲料の飲用シーン、炭酸飲料の代わりに飲むもの
炭酸飲料の飲用シーンは、「のどが渇いたとき」「スカッとしたいとき」が各4割弱で上位2位、「お風呂あがり」「休憩中・休み時間」「気分転換したいとき」「暑いとき」「おやつのとき」が各2~3割で続きます。男性10代では「おやつのとき」、男性20代では「休憩中・休み時間」が最多です。『キリンメッツコーラ』『ペプシスペシャル』主飲用者では「食事と一緒に」、『オランジーナ』『C1000ビタミンレモン』『シュウェップス』主飲用者では「スカッとしたいとき」、『ウィルキンソンミキシンググレープフルーツ』主飲用者では「お風呂あがり」が多くなっています。

炭酸飲料を飲むシーンで、炭酸飲料の代わりに飲むものを聞いたところ、「お茶、お茶系飲料」「コーヒー、コーヒー飲料」「水、ミネラルウォーター」が上位3位です。「スポーツドリンク」は男性、「お茶、お茶系飲料」は女性で多くみられます。また、男性10~30代では「エナジードリンク」が多くなっています。『ウィルキンソンジンジャエール』『天然水サイダー』『ウィルキンソンミキシンググレープフルーツ』主飲用者では「炭酸水」、『キリンレモン』『キリンメッツグレープフルーツ』主飲用者では「水、ミネラルウォーター」が最多です。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング