BtoB・企業間後払い決済サービス「NP掛け払い」がスマートドライブ主催カンファレンス「Mobility Transformation ―移動の進化への挑戦―」の請求業務を代行!

PR TIMES / 2019年10月31日 23時25分

~大型カンファレンスなどスポット利用での請求代行にも対応~



[画像: https://prtimes.jp/i/22451/154/resize/d22451-154-673344-0.jpg ]

 新しい信用を創造するCredit Tech(クレジットテック)のパイオニア、株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田 紳、以下当社)は、株式会社スマートドライブ(所在地:東京都港区、代表:北川 烈、以下スマートドライブ)主催のカンファレンス「Mobility Transformationー移動の進化への挑戦ー」の請求業務において、BtoB・企業間後払い決済サービス「NP掛け払い」を導入いたします。

■「NP掛け払い」導入の背景
 この度の「NP掛け払い」の導入の背景には、大型カンファレンスをはじめとする「頻度は多くないが、小額大量の取引が発生する場面」ならではの主催者側の請求業務負担がありました。日々の業務で発生する定期的な取引・請求業務とは別に、カンファレンスでは数多くの参加企業から料金の支払いが発生します。
 この料金の回収にあたっては、当日の領収書発行では現場に負荷が発生し、一方後日の請求対応は、数多ある参加企業に対して個別に請求を行う必要が発生し、負荷が発生します。
 「NP掛け払い」では、日々の取引に係る請求書業務の代行だけでなく、少ない頻度や非定期のイベントで発生する企業間の請求業務についても代行が可能なため、この度のスポット利用での導入をいただきました。
 また、今回の導入に際し、スマートドライブご担当者様から以下のお声をいただいております。

<スマートドライブ ご担当者様のコメント>
 当カンファレンスは、MaaSやCASE等、モビリティの未来を創造する企業様に多数ご登壇頂く、大規模なイベント※です。
 こういった分野に関心をお持ちの企業様は業種業態ともに様々でして、中にはチケットを請求書払いにしたいと希望されている企業様も多数いらっしゃいます。ですので、請求管理にはスピーディに対応しつつ、そこに係る社内負荷はできる限り削減したいという思いがありました。
 そんな中で、ネットプロテクションズ様にこういったイベントでのスポット利用ができるかの相談をさせていただいたところ、「NP掛け払い」を利用することで、大規模なカンファレンスでの請求書支払いニーズに対し的確に対応でき、かつ社内負荷を削減できることが分かり、導入を決定いたしました。

※「Mobility Transformation ―移動の進化への挑戦―」
近年「MaaS」や「CASE」といった、モビリティの未来を表す新たなワードが生まれていますが、具体的にはどのように、私たちの生活や移動は進化していくのか。ドローン、VR、AIなどのテクノロジーは、今後どうモビリティと関わっていくのか。
「移動×都市」「移動×資本市場」「移動×エンターテインメント」等、様々な視点から、移動の概念そのものが変わろうとしています。その進化の一端を体感し、学び、業界・企業の垣根を越えて、繋がることができる。共創型カンファレンスです。

▼参考URL
https://mobility-transformation.tokyo/?_ga=2.154706104.1221201526.1570700096-83187203.1570700096

■「NP掛け払い」を選んだ理由
 今回の導入に際し、スマートドライブのご担当者様から以下のお声をいただいております。
 導入に当たって、他請求代行サービスやチケット管理サービスと比較しましたが、以下3点の「NP掛け払い」の強みを背景に導入を決定いたしました。
1) スポット利用でも、手数料を安く設定いただけた点
2) 与信チェックのスピードが早いので、請求書発行希望の申込者様に対しても、スピーディ―に申込後のサービス対応(セッションへの参加登録の案内など)を行える点
3) 請求書発行からチケット代金回収までをすべてお任せできるので、その分イベントへの集客や告知に社内リソースを割くことができるようになった点
4) 今後のカンファレンス開催においても、同じ管理画面を使用できる点

 例えば、申し込み後のセッションへの参加登録については、従来、未入金リスク回避のために入金確認後に行えるようにしておりました。これに対し、「NP掛け払い」は、未回収リスクの保証と素早い与信を可能にしているため、セッション参加希望者様に対し、よりスムーズなサービス対応を提供できると期待しております。
 さらに、今後の継続的な利用について、次回・次々回のカンファレンスを開催する際にも同じ管理画面を使用できるため、スムーズな運用開始が可能になると感じました。

■「NP掛け払い」について
 「NP掛け払い」は、BtoB・企業間決済代行サービスです。当社が企業(売り手)と企業の顧客(買い手)の間に入り、買い手への与信から請求書の発行、代金の回収、未回収リスクの保証まで掛け売り業務全てを請け負います。
 「NP掛け払い」の導入により売り手は営業活動などの価値創造に繋がるコア業務に集中できることに加え、法人から個人事業主までを対象に柔軟に掛け売りの提供ができるため、販路拡大・売上向上が見込めます。また掛け売りの提供は買い手のキャッシュフロー改善にもつながります。本格提供を開始して以来、加盟企業数(アカウント発行数)は約1,700件、累計利用数260万社を超えています。

「NP掛け払い」の詳細はこちら: https://np-kakebarai.com/

■株式会社ネットプロテクションズ 概要
 当社はテクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しています。2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、前年比約140%のスピードで成長を続け、現在では累計利用件数が1億4000万件を突破するまでに至りました。2014年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、前年比約170%のスピードで成長を続けております。2017年には、購買体験がこれまでより快適になる新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の提供を開始しました。さらに2018年には、台湾においてもカードレス決済サービス「AFTEE(アフティー)」をリリースしました。これらの事業を通じて、顧客の購買歴・支払い歴をあわせた取得難度の高い信用ビッグデータを保有しており、今後は様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。

・商号 :株式会社ネットプロテクションズ
・代表者     :代表取締役社長(CEO)柴田 紳
・URL : https://corp.netprotections.com/
・事業内容 :後払い決済サービス「NP後払い」の運営
企業間決済サービス「NP掛け払い」の運営
訪問サービス向け後払い決済サービス「NP後払いair」の運営
新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の運営
台湾 スマホ後払い決済「AFTEE(アフティー)」の運営
ポイントプログラムの運営
・設立 :2000年1月
・資本金 :1億円
・所在地 :〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目2-6 住友不動産麹町ファーストビル5階

■株式会社スマートドライブ 概要
・商号 :株式会社スマートドライブ
・代表者 :北川 烈
・URL : https://smartdrive.co.jp/
・主な事業内容 :ハードウェアやアプリケーション、テレマティクスサービス等の開発・提供、
およびデータ収集・解析
・設立 :2013年10月
・資本金 :28億4,100万円(資本準備金等を含む)
・所在地 :〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-6 NTT日比谷ビル5階

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング