【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】現役大学生とのコラボ宿泊プラン - “革の街”神戸で、結婚記念3年目「革婚式」を祝おう!

PR TIMES / 2014年5月2日 11時53分

革小物作り体験で、革のように強い夫婦の絆を

神戸メリケンパークオリエンタルホテル(所在地:兵庫県神戸市中央区/総支配人:平石豊)では、結婚3年目の記念日に革製品を贈るという風習をもとに、“革の街” 神戸で革小物作り体験をしながら夫婦の絆を深めていただくことを目的とした宿泊プランを2014年5月1日(木)から販売しました。1室2名様 30,610円~(税金・サービス料込)

このプランは、神戸における産業のひとつでありながらあまり認知度の高くない「革産業」について、需要を掘り起こしたいという一橋大学の現役大学生の方々からのアイデアをもとに、ホテルスタッフが実際の宿泊プランへと形にしたものです。



◆経緯◆
このコラボ宿泊プラン造成のきっかけは、2013年11月に 一橋大学 松井剛ゼミナールに所属する現役の大学生(一橋大学 商学部 商学科 4回生 鈴木瞭さん、野末大樹さん、松本梨花さん)から革小物の製作体験を絡めた神戸への旅行企画について、ホテルに相談された事が始まりでした。

「“モノ” の提供ではなく、観光地として魅力のある神戸を楽しみながら革小物を作るという“体験”の提供」 と、「“神戸=革の街”という認識を全国に普及させる事で皮革産業、ならびに観光業を盛り上げたい」というコンセプトのもと、結婚3年目の記念日が革小物を贈りあう「革婚式」であることに着目し、神戸で革婚式を祝う宿泊プラン企画を持ちかけていただきました。

当ホテルでは、これまでも「人生における大切な時間を過ごしていただける場所でありたい」という思いでさまざまな記念日宿泊プランを販売しており、この「革婚式」企画のコンセプトに深く共感するとともに、結婚3年目を迎えるカップルに向けた新たな旅行需要を発掘したいという思いから、商品化するにいたりました。

<「革婚式」とは>
結婚25年目は「銀婚式」、50年目は「金婚式」というように、毎年の結婚記念日には名称があり、3年目の記念日は「革婚式」とされています。これは、革は丈夫で粘り強い性質をもっていることから、改めて、夫婦の絆をしっかり結んで、革のように粘り強く生活していくという意味があり、小物やバッグなどの皮革製品を贈る年とされています。

◆プラン詳細◆
結婚3年目の記念日「革婚式」を神戸の観光を楽しみながらお祝いしていただく宿泊プラン。
神戸の代表的な観光地である北野を散策していただきながら、「北野工房のまち」のクラフトショップ「ファーストピクチャー」でオリジナル革小物の製作体験をしていただきます。
またお部屋には、お祝いのひとときを演出するルームサービスをご用意いたします。

【特典内容】
・「北野工房のまち」のクラフトショップ「ファーストピクチャー」での革小物製作体験(体験時間 約40分)
・ルームサービスにてホールケーキとミニブーケをご用意
・バイキングレストランでの朝食

【当日の流れ・一例】
1.チェックインしたら、革体験の工房へ
 フロントでチェックインの手続きを済ませたら、さっそく革小物製作体験へ。
 体験をしていただける「北野工房のまち」までは、ホテルからお車で約7分、観光バス シティループでは、約25分でお越しいただけます。
  ↓
2.世界にひとつのオリジナル小物を作ろう
 まずは、お二人それぞれで コインケース、コインポーチ、ラウンドコインケースの中から何を作るか決めていただき、さまざまな色、素材の中からお好きな革をお選びいただきます。
 型抜きされた革を組み合わせたり、革にイニシャルや数字などを刻印したり、花やイカリマークなどのモチーフを付けたりと、世界にひとつだけの小物をお作りいただけます。
  ↓
3.神戸の街を一望する客室でお祝いを!
 ホテルに戻られたら、神戸の海や街を望むお部屋で記念日のお祝いを。
 ホールケーキとミニブーケをお部屋へお届けします。
 ↓
4.翌朝はバイキングレストランへ
 朝食は、海を望むテラスレストラン「サンタモニカの風」で和洋中80種類もの料理が食べ放題でお楽しみいただけます。

 チェックアウトは12時までなので、ご出発までゆっくりとお過ごし下さい。

■プラン名   【カップル・記念日】神戸で革婚式を祝おう(革小物製作体験、朝食付)
■期間     2014年5月1日(木)~12月31日(水)
■料金     1室 30,610円~(2名様利用時、税金・サービス料込み)
■問い合わせ  宿泊予約 078-325-8100 (9:00~19:00)


神戸メリケンパークオリエンタルホテルは、アビリタス ホスピタリティのグループホテルです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング