【報道参考資料】中央アフリカ危機 戦闘が停止して逃れる住民と戻ろうとする住民

PR TIMES / 2014年2月24日 16時18分

ユニセフ情勢レポート(2014年2月21日)



※本信は、ユニセフ・中央アフリカ事務所からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/appeals/files/UNICEF_CAR_Field_Office_Sitrep_21Feb2014.pdf
でご覧いただけます


【2014年2 月21日 バンギ発】

■数字で見る概況
・紛争下にある人 460万人 (OCHA December 2013)
・紛争下にある子ども 230万人 (OCHA December 2013)
・国内避難民 69万8,500人(OCHA 19 February 2014)
・バンギで避難生活を送る人 42万5,000人(OCHA 19 February 2014)
・バンギ市内の避難所69ヶ所に避難している人 27万3,500人

■2014年ユニセフ人道支援必要支援額:
6,200万米ドル
(約63億2,400万円/1米ドル=102円で換算)


+ + +


ユニセフは支援活動を拡大中。2月17日現在、首都バンギのほかに現場事務所3ヶ所
(Bossangoa、Bambari、Kaga Bandoro)と移動チーム(Bouarへ派遣)を設置。本書では、
バンギ外での支援活動を報告。女性と子どもたちのために、さらなる支援活動が可及的
速やかに求められている。


<ブアール:Bouar>
旧セレカが去り戦闘は停止したものの、自警団のアンチバラカや他の武装勢力がいる
ことから市内は依然として不安的な情勢。略奪や銃撃が続き、イスラム系住民が狙われて
いる。イスラム系住民は身の安全を確保するには、数週間内に、主要部(Bouar,Baoro,Bohong)
から立ち退き隣国カメルーンに逃れるほかない状況。一方で、非イスラム系住民は、森で
避難生活を送っているが、自分の村や街に帰ってくるものと思われる。現時点では、村には
住民の姿はないものの、帰還する兆候は見受けられる。しかし、多くの建物が略奪や焼打ち
にあい、あらゆる分野での中期的な支援が求められる。

移動チームは西部のBouarで支援活動を実施。ユニセフは3ヶ所の避難所(計2万人)
で水と衛生、保健の緊急支援を実施。避難所にはイスラム系住民が多数を占める。ユニセフと
パートナー団体は、子どもたちの栄養状況の調査と予防接種について調査中。


<ボッサンゴア:Boosanngoa>
引き続き3カ所(1万6,000人)とボッサンゴア市内に戻ってきた人へ、水と衛生、保健の
支援活動、薬の提供などの支援活動を実施。避難所には子どもの保護活動の一環として、
子どもにやさしい空間を設置。ボッサンゴア外では、1万人に生活必需品などを提供。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング