拡大推計POSデータサービス「MACROMILL MARKET INDEX」をスタート

PR TIMES / 2014年4月1日 15時26分

市場規模の把握と売上構造の要因分解が可能

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下「マクロミル」)は、
本日4月1日より、拡大推計POS(Point of sale system、販売時点情報管理)データサービス
「MACROMILL MARKET INDEX」を開始したことをお知らせいたします。





■拡大推計POSデータサービス「MACROMILL MARKET INDEX」概要

総合スーパー(GMS)・食品スーパーのPOSデータを集計し、拡大推計処理を行い、
全国指標として顧客企業へ提供いたします。
進出市場の売上市場規模・トレンドや市場内の自社ブランドのポジショニング、
売上予測などのマーケティング活動の目標設定の指標になるほか、
製品・価格・プロモーション戦略などにもご活用いただけます。
サービスリリースと同時にすでに3社からの受注を獲得、データのご提供を開始いたします。
今後はさらにサービスの質を向上させるとともに、
多くのお客様のご期待に応えるべく、全力で取り組んでまいる所存です。

■拡大推計POSデータサービス「MACROMILL MARKET INDEX」の特長

特長1:国内最大級の集計店舗数
総合スーパー(GMS)、スーパーマーケット業態において、
日本最大規模の1,200店※の小売店パネルを構築。
過去データは2011年1月より保持しています。
※2014年3月時点。今後さらに拡大を予定しています。

特長2:外部データとの連動(※オプション)
気温等の2次データとの連動分析、小売業の売上の多くを占める「生鮮POSデータ」との連動分析を行うことで、
新たなマーケティングインサイトの発見につなげることが可能となります。

特長3:圧倒的なコストメリット
他社と比較して圧倒的に安価な販売価格を実現。
原材料の高騰、円高、2014年4月からの増税、TPP等、
企業の収支構造の改善が求められる場面において、幅広くサポートいたします。

■拡大推計POSデータサービス「MACROMILL MARKET INDEX」の集計指標

調査対象・集計対象店舗における販売データを拡大推計し、
市場規模を算出することができます。
また、販売シェアや販売店率、平均単価などの数値もご提供が可能です。

■拡大推計POSデータサービス「MACROMILL MARKET INDEX」サービスラインアップ

拡大推計POSデータを提供するサービスラインは、
「年間契約サービス」と、個別分析へ対応する「アドホックサービス」の
2種類をご用意しております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング