1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

コメ兵ホールディングス リユースBtoBブランドオークション事業開始10年目「KOMEHYOオークション コーポレートロゴリニューアル」

PR TIMES / 2021年9月28日 14時30分

中古品の仕入れ先として活況のブランドオークション事業の推移

株式会社コメ兵ホールディングスのグループ会社である「株式会社KOMEHYOオークション」が、BtoBブランドオークション事業を開始して、2021年9月で10年目を迎えました。今回10年目を迎えるにあたり、公平で、透明性があり、リユース事業者様が心から安心して取引ができる場を提供するという想いをもとに、コーポレートロゴをリニューアルしました。安心して取引ができるBtoB市場の形成の為に、KOMEHYOオークションはタグラインとして掲げる“いい商いの場”を提供いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/884/157/resize/d884-157-a444fe6e08a8f7e0f199-0.jpg ]

■背景

KOMEHYOが培ってきた目利きや商品取り扱いのノウハウを活かし、法人間のブランドオークション事業を行ってきました。累計会員社数は1300社を超え、GMV(流通取引総額)は最大260億円の実績があります。

リユース市場は年々拡大をしており、2025年には3兆円を超える規模に成長すると推測されています。市場規模の拡大と共に、KOMEHYOオークションでは会員社数を増やしてまいりました。

現在ブランドリユース市場の活性化を受けて、様々な企業が市場に新規参入しています。その中でリユース事業者様に、パートナーとしてKOMEHYOオークションを選んでいただけるよう、公平で、透明性があり、リユース事業者様が心から安心して取引ができる場を提供するという想いを掲げ、リブランディングを行いました。

今回のロゴのメインビジュアルには”それでは、いい商いを”というタグラインが入っています。KOMEHYOオークションにとってリユース事業者様はお客様であると同時に、リユース市場を共に盛り上げていく大切な仲間であるという想いが込められています。

リユース事業者様にとって良きオークショニア、良き事業パートナーを目指し、リユース市場の成長に注力しています。それでは、いい商いを。

[画像2: https://prtimes.jp/i/884/157/resize/d884-157-4bf278d0551628170c2c-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/884/157/resize/d884-157-ed6729a367129df8d516-2.png ]

※2021年9月10日時点

■シンボルマークのコンセプト

[画像4: https://prtimes.jp/i/884/157/resize/d884-157-a5c04f8d7365335e85ee-4.jpg ]

KOMEHYOの頭文字「K」を左右対称に重ね合わせたデザイン。「K」を重ね合わせることでできた輪は、KOMEHYOオークションがリユース市場に関わる事業者とともに「リレーユース」の輪を形成していくことを表現しました。

■「Withコロナ」から「Afterコロナ」へ

2020年は新型コロナウイルス蔓延に伴う緊急事態宣言でオークションが開催できなくなるなど、厳しい環境でした。

しかし、5月より会場でのリアル開催からオンライン開催への切り替えを実施し、会員登録、出品、落札まで全てオンライン上で手続きできるように致しました。参加場所を問わないため、日本国内のみならず海外から加入される会員様も増加しました。

入札して頂く会員社数もオンライン化以降、大きく上昇しています。オンライン化によって入札がしすくなったことや、場所の制約がなくなることで買い付け担当者様一人でも、同時期に開催される複数のオークションへの参加が可能となったことが、入札会員社数の増加に寄与しています。2021年以降もオンライン入札が浸透してきたことで、前年度と比較して約3倍となる毎回800を超える会員様に入札をしていただけています。

また会員様の増加に伴い、成約率も約10%上昇しました。オークションのオンライン化が出品する会員様の企業活動にも寄与しております。ブランドリユース市場に新規参入した企業の良き仕入先にもなっています。

日頃の買取査定の相談やオンライン相場表の提供など、オークション以外の日常業務サポートも行い顧客リレーションの強化を進めています。

[画像5: https://prtimes.jp/i/884/157/resize/d884-157-82f2eb853a5937f531a9-3.jpg ]

■リユース市場への偽物の流通阻止

近年フリマアプリの浸透などでリユース市場が拡大している一方で、偽物の流通が問題となっています。
一般消費者への偽物の流通はもちろん、リユースのプロが集まるオークションにも多数の偽物が持ち込まれるようになっており、近年の偽物の精巧さが見受けられます。

弊社では熟練鑑定士による1点1点の検品によって偽物の排除がされています。特に偽物の流通が多いブランドバッグ・小物では出品100点に対して約1点の比率で偽物が鑑定士の目利きにより排除され、リユース市場への流通を阻止できています。

KOMEHYOオークションはこれからも健全なリユース市場の形成を目指し、日々偽物の排除に取り組んでまいります。

■株式会社KOMEHYOオークション 会社概要
会 社 名 : 株式会社コメ兵オークション
代 表 者 : 代表取締役社長 沢田 登志雄
本社所在地 : 愛知県名古屋市中区大須3丁目25番31号
設 立 年 月 : 2012年(平成24年)6月
事 業 内 容 :
KOMEHYOオークションは、国内最大規模の事業者間ブランドリユースオークション「KOMEHYO AUCTION」を運営しております。KOMEHYO AUCTIONでは、ブランドジュエリー、ファインジュエリー、ダイヤルース、時計、ブランドバッグ、アパレルなどラグジュアリーに関わるジャンルを総合的に取扱いし、2020年より、いついかなる時でもいい商いを続けるために、会場集客型のオークションからオンラインオークションへと切り替え、運営しております。 グループ会社として70年以上蓄積されているブランドリユースのノウハウを活用し、事業者の方に信頼のおける商品を質・量ともに常時安定して取扱いし、集約されたデータをもとにした相場表、問い合わせコールサポート、物流サービス、取引完了後のアフターサービスと事業者様のビジネスを円滑にするためのフルフィルメントサービスを提供しております。

■株式会社コメ兵ホールディングス 会社概要
会 社 名 : 株式会社コメ兵ホールディングス
代 表 者 : 代表取締役社長 石原 卓児
本社所在地 : 愛知県名古屋市中区大須3丁目25番31号
設 立 年 月 : 1979年(昭和54年)5月
U  R  L :  https://komehyohds.com
事 業 内 容 : グループ全体の経営企画・管理・マーケティング及び不動産事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング