デルタ航空、成田空港に「成田テクニカルオペレーションセンター」をオープン

PR TIMES / 2014年12月1日 17時37分



【東京、2014年12月1日】-デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、成田国際空港整備地区に位置する広さ1万3,000平方メートルの整備用ハンガー(格納庫)に、「成田テクニカルオペレーションセンター」をオープンしました。米国の航空会社で成田空港にハンガー施設を保有するのは、デルタ航空が初めてとなります。

「成田テクニカルオペレーションセンター」には、太平洋路線で使用している機材(ボーイング747-400型機、777型機、767型機、757型機、エアバス330型機など)の定期整備作業を行うのに充分なスペースがあります。また、そのスペースを有効活用するため、太平洋路線の運航支援を行う「成田コントロールセンター」を含め、これまで空港内の複数の建物に分散していたオフィスの一部を移転し、本日業務を開始しました。

デルタ・テックオプスの整備担当副社長、リー・ゴセット(Lee Gossett)は、本日開催された開設記念式典で、次のように述べました。「新しいハンガー施設は、成田空港での整備能力を高め、優秀な整備スタッフに作業しやすい環境を提供します。私たちは常に、より効率的かつ効果的な定期点検および不定期整備を行うことを目指しており、この施設により、アジア太平洋地域におけるデルタ便の運航とお客様のニーズにより柔軟に対応できるようになります。」

成田空港には、米国外で最大規模の100名を超える整備専門スタッフが勤務し、デルタ航空機の整備はもちろん、他航空会社の機材整備を請け負っています。

デルタ航空の整備部門、デルタ・テックオプス(Delta TechOps)について
デルタ・テックオプス(Delta TechOps)は、北米最大の整備、修理、オーバーホール(MRO)のプロバイダーであり、クオリティの高いサービスとコスト管理で高い評価を得ています。デルタ航空が保有する700機を超える機材の整備に加え、世界中の150社以上の航空会社向けに、エンジン、コンポーネント、ハンガーおよびラインメンテナンスをはじめとする高度な技術を専門に提供しています。デルタ・テックオプスは9,600名を超える整備専門スタッフを擁し、70年以上の実績を誇る、世界で最も豊富な経験を持つプロバイダーのひとつです。なお、国土交通省は、航空法第20条第2項に基づき、デルタ・テックオプスを第192認定事業場に認定しています。Delta TechOpsの詳細については deltatechops.com(英語)をご覧ください

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング