【雑誌に関するアンケート調査】電子雑誌の利用経験者は1割弱、2011年より増加。「利用していないが、今後利用したい」は2割強

PR TIMES / 2014年8月20日 9時54分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、4回目となる『雑誌』に関するインターネット調査を2014年7月1日~5日に実施し、11,014件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19214/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■雑誌を読む人は6割で減少傾向。「フリーペーパー」「パソコン・インターネット関連雑誌」「地域情報誌」閲読者も減少
■電子雑誌の利用経験者は1割弱、2011年より増加。「利用していないが、今後利用したい」は2割強
───────────────────────────────────────────



◆雑誌の閲読状況、ふだん読む雑誌のジャンル
雑誌を読む人は60.7%で、減少傾向にあります。1ヶ月あたり「1冊くらい」「2~3冊くらい」が各2割強で、ボリュームゾーンです。雑誌を読む男性は10代で4割強と他の年代より少なく、一方女性10代は7割強となっています。

ふだん読む雑誌のジャンルは、「総合週刊誌」「女性ファッション誌」「家庭情報・料理雑誌」「ビジネス・実用雑誌」などが各2割で上位にあがっています。過去調査と比べ、「フリーペーパー」「パソコン・インターネット関連雑誌」「地域情報誌」は減少しています。男性では「総合週刊誌」「ビジネス・実用雑誌」「パソコン・インターネット関連雑誌」、女性では「女性ファッション誌」「家庭情報・料理雑誌」「女性週刊誌」「フリーペーパー」などが上位です。


◆雑誌を読むシーン
雑誌を読むシーンは、「自宅でくつろいでいるとき」(62.4%)がトップ、次いで「コンビニや本屋などに行ったとき」(27.4%)、以下「美容室や病院、駅などで時間をつぶすとき」「暇なとき」「情報収集をしたいと思い立ったとき」が各2割前後で続きます。過去調査と比べ、「暇なとき」「情報収集をしたいと思い立ったとき」「電車やバスなどの移動中」「夜寝る前」は減少傾向です。男性は「電車やバスなどの移動中」、女性は「自宅でくつろいでいるとき」「美容室や病院、駅などで時間をつぶすとき」が多く、男女差が大きくなっています。また、「コンビニや本屋などに行ったとき」は若年層、「美容室や病院、駅などで時間をつぶすとき」は女性高年代層で多い傾向です。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング