マリオ・テスティーノが撮り下ろす、ミランダ・カーの「芸者、侍、漫画」。

PR TIMES / 2014年9月19日 10時18分

『VOGUE JAPAN』2014年11月号(9月27日発売)VOGUE JAPAN15周年企画第三弾



世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』11月号(9月27日発売)は、
創刊15周年アニバーサリー企画第三弾として、世界で最も影響力のあるフォトグラファーの一人、
マリオ・テスティーノの撮影・編集による特別号をお届けします。本号は、彼が各国『VOGUE』に
ゲストエディターとして関わる8冊目の特別号となり、『VOGUE JAPAN』がゲストエディターを迎える
のは初めてとなります。

マリオ・テスティーノは特別号のテーマに「オブセッション―物事へのこだわりや何かをひたむきに
追及する姿勢」を選び、次のように語っています。「80年代からたびたび日本を訪れているが、初めて
来日したときから日本との精神的なつながりを深く感じている。日本人はさまざまなレベルにおいて、
何をするにしても揺るぎない絶対的な信念を持っているということに気づいた。これは日本人のある種の
こだわり、一途さなのだと私は考えている。私自身、人生において、またキャリアにおいてこのような
生き方を追求してきたつもりだ。」

表紙を飾るのは、世界的スーパーモデルのミランダ・カー。日本文化を代表する3つのテーマである
「芸者、侍、漫画」をテーマに、キャラクターを演じ分けた6ページのスペシャル表紙を展開。
ミランダ自身の言葉で語られる、マリオとの撮影、第二の故郷とまで言う日本への思い、美しさの秘訣
についてをインタビューでお送りします。ミランダ・カーは、マリオ・テスティーノについて次のように
語っています。「彼は温かい人柄で、その優しさが周りの人にも広がっていくの。すごくエネルギーが
あって、コラボレイションをする相手としても、とてもすばらしい人よ。私が自分の中に落とし込んだ
ものに、耳を傾けてくれる。チームが一丸となって取り組むことができれば、みんなで最高の結果を
生み出すことができると思うの。それが理想。」

マリオ・テスティーノがミランダの魅力を捉える表紙撮影の模様は、『VOGUE JAPAN』インスタグラム
http://instagram.com/voguejapan)および『VOGUE JAPAN』ウェブサイト
http://www.vogue.co.jp/fashion/news/2014-09/19/miranda-kerr)をご覧ください。表紙の撮影
バックステージ動画は、9月25日(木)より『VOGUE JAPAN』ウェブサイトにて公開いたします。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング