消費税8%スタート。増税前後の消費の動向と心理を調査(マクロミル調べ)

PR TIMES / 2014年4月15日 11時5分

■ 8%増税スタートの前週、平均個人消費金額が前年よりも4,600円プラス
■ 4月1週目、消費者の“今後の消費量”への意識が、観測開始以来最低値を記録
■ 消費者心理への影響は?消費者の景況感、2014 年1 週目から下降トレンドが顕著



株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、消費税8%への引き上げ前後の消費行動について、毎週水曜日に定点観測しているMACROMILL WEEKLY INDEX(マクロミル定点観測調査)のデータから分析しました。調査手法はインターネットリサーチ。有効回答数は 1,000 名。

< 調査結果 >

【1】 8%増税前週、平均個人消費金額が前年よりも4,600円プラス

8%増税前後の“1週間の個人消費金額の平均(以下「個人消費金額」)”について、前年と比較しました。消費増税が決定した2013年10月からその年末までは多くの週で個人消費金額が前年を下回りましたが、2014年1月から4月ではほとんどの週で前年を上回り、中でも8%増税直前の3月4週目では、個人消費額19,800円となり、前年よりも4,600円のプラスとなりました。これまでの定点観測調査の傾向をみると、個人消費金額は年末年始を除く平常時の平均が15,000円~17,000円の間で推移しており、2014年3月4週の19,800円という金額は、極めて特異な状態にあったといえます。

そして消費税が8%に上がった4月に入ると、個人消費金額は急激に下がり、4月2週目には14,400円まで落ち込みました。3月までの駆け込み消費やまとめ買いのストックと、増税による支払価格の上昇による抵抗感によって、消費に一時的な停滞が生まれていることがうかがえます。


【2】 4月1週目、消費者の“今後の消費量”への意識が、観測開始以来最低値を記録

消費者の今度の消費量を表す“消費予想”(※1)のデータから、消費意識について分析しました。下記の図の通り、8%増税スタート前の3月から急激に低下し始め、4月1週目には40.9という2011年3月の観測開始以来、最低となるスコアを記録しました。8%増税スタート直前の3月4週目には消費者の駆け込み需要ともいえる購買行動が個人消費金額のデータから観測されましたが、一方でモノやサービスに対する5月以降の消費意識については、大幅な減少を見込んでいたことがうかがえます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング