企業環境を守るうえで重要な8つのステップ

PR TIMES / 2014年3月18日 9時27分

企業の端末を、脅威から「保護」された状態にしておくための8つのポイントを紹介します。


1. 安全なOSやソフトウェア、ハードウェアは存在しない

残念ながら、「安全」なコンピュータという概念は、企業環境における深刻なセキュリティホールが放置されうる誤った概念です。安全だと思われている端末が実は保護されていなかったり、監視さえされていないことがしばしば散見されます。したがって、端末のOSや使用しているソフトウェア、およびこれらを実行しているハードウェアのすべては脆弱なものであるということを忘れてはいけません。これらすべてには、保護と監視が必要です。

2. 侵入防止機能付きのセキュリティ製品を使う

不審な挙動を監視する侵入防止機能を備えたセキュリティソフトを活用して、最高レベルの保護を確実に行ってください。これは、未知のマルウェアから端末とネットワークを保護する上で有益です。

3. 内部通信もデータの暗号化を

たとえローカルエリアネットワーク内であっても、通信チャネルを安全に確保することは効果的です。1つの端末のセキュリティが破られれば、ネットワーク全体が脅威にさらされることになるだけでなく、内部から攻撃される可能性も出てきます。そのため、すべての通信チャネルを安全な状態に維持することが重要です。

4. 自宅やモバイルでの業務の保護

業務用のノートPCやモバイルデバイスの保護は、比較的対応しやすい問題です。より対応が難しいのは、スマートフォンやゲーム機、さらには自宅のPC、またはUSBメモリのように家庭で使用されるデバイスの保護です。例えば、ある従業員が業務で使用する自宅のPCは、最新のセキュリティソフトを使用していない、あるいは全く保護されていない可能性もあります。また、ITセキュリティについて知識のない家族が使う場合もあります。このPCがウイルスに感染すれば、接続しているすべてのデバイスが感染しかねません。これは考えられる最悪のシナリオであり、外部デバイスからの接続をすべて禁止することで、このような事態を確実に防止することも可能です。しかし、避けられない例外が発生することもまた現実です。
だからこそ、従業員に私物のPCやスマートフォン、タブレット用のセキュリティソフトを提供し、これらのデバイスの定期的なスキャンや検査を行うことは効果的な対策です。エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB)のような、簡単に監視できる一元管理された環境にすべてをまとめれば、より安全です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング