【プレスリリース】フィリピン 復興への長い道のり、レジリエンスの強化支援も

PR TIMES / 2014年3月7日 18時11分

ユニセフ 4カ月レポートを発表/日本人スタッフ活動中



※本信は ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に編集
したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_72790.html でご覧いただけます


【2014年3 月7日 マニラ発】

2013年11月8日にフィリピン中部を襲った台風30号から4カ月。被災地では、保健センター
の再開や水道の復旧、仮設学校への子どもたちの通学など、復興は目覚しく進んでいます。

しかし、本日ユニセフが発表する4カ月レポートは、子どもたちのニーズは依然として
大きく、台風30号がもたらした被害の爪あとは、被災した方々や地域の復興のために
やるべきことがあることを強く物語っていると指摘しています。

ユニセフ・フィリピン事務所代表代理のアブドゥル・アリムは「台風が直撃した地域は、
被災前も約40%の子どもたちが貧困下で暮らしていたほど最も貧しい地域です。子ども
たちは台風の影響を最も受けており、ユニセフの取り組みの中心に置かれています。
完全なる復興への長い道のりを歩んでいます」と述べました。
ユニセフとパートナー団体の取り組みをまとめた報告書「台風30号:支援活動4カ月
レポート(原題:Four Months After Typhoon Haiyan)」では、これまでの支援活動が
まとめられています。


■これまでの主な支援
・清潔で安全な水を93万人に供給
・学校や「子どもにやさしい」空間を通じて、23万1,000人の子どもに衛生キットを提供
・はしかの予防接種を約8万3,200人の子どもに実施
・免疫力を高めるビタミンAを5万5,300人に投与
・9万7,000人に栄養状況の調査を実施
・被災した子どもたちが守られる環境を提供し、1万7,000人の児童に心のケアを実施、
これによって災害で受けた心の傷を癒し、虐待や暴力のリスクの高まりを軽減する
ことを支援


■地域のレジリエンス(回復力) 向上の支援も
報告書は、さまざまな取り組みをしてきたものの、復興への道のりは長いものになること
を指摘。今回の災害から被災地が復興するには、数年がかかるとしています。感染症の
集団感染や学習機会の喪失や損失、暴力や搾取、虐待の危険が高まり、女性と子どもが
栄養不良に陥るリスクがあるなど、直近でも様々な問題が子どもたちの前に立ちはだ
かっています。


ユニセフとパートナー団体は、緊急の人道支援や必要不可欠なサービスの復旧と合わせて、
被災した地域のレジリエンス(回復する力)を向上する支援に力をいれてきました。
支援にあたっては、最も支援を必要とする子どもたちと最も被害の大きかった40自治体を
中心に行われています。ユニセフは、政府の関係省庁、市民社会、地域社会とともに、
被災した地域で最も厳しい状況に置かれている人たちに支援を届けるしくみをつくって
います。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング