カヤック、トーナメントプラットフォーム「Lobi Tournament」がスイスドローに対応

PR TIMES / 2018年8月9日 13時1分



株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)が運営するトーナメントプラットフォーム「Lobi Tournament」は、2018年8月9日(木)にスイスドローに対応することを発表いたします。
「Lobi Tournament」公式サイト: https://vs.lobi.co/
[画像1: https://prtimes.jp/i/14685/163/resize/d14685-163-556730-0.jpg ]


スイスドローとは、すべての参加者が定められたラウンド数の試合を行い、最終的な勝ち点で順位を決めるトーナメント形式です。これまで、シングルエリミネーション形式での大会運営に対応しておりましたが、「Lobi Tournament」を日頃よりご愛顧いただいている主催者のみなさまよりご要望をいただき、スイスドロー形式での大会運営に対応いたしました。

【「Lobi Tournament」でのスイスドロー大会開催】
1. トーナメント形式「スイスドロー」を選択して大会ページを作成します。

2. 各ラウンドの組み合わせは、ラウンドの結果が出揃ったタイミングで次の試合の対戦表が自動で作成されます。対戦相手は勝ち点が同じか近い人で組まれるため、試合を重ねるごとに順位が明確になります。ラウンド終了のたびにランキングが最新情報に更新され、参加者の順位を簡単に把握できます。

3. 大会開催中の参加者同士のコミュニケーションや主催者とのコミュニケーションは、すべて「Lobi Tournament」内の対戦ページにあるチャット機能で完結します。

【「Lobi Tournament」の機能一覧】

[画像2: https://prtimes.jp/i/14685/163/resize/d14685-163-831230-1.jpg ]

「Lobi Tournament」は、一般のコミュニティ主催者のみなさまへ利用を解放している機能のほか、法人主催による大規模な公式大会など、様々な大会ニーズを想定した機能をご用意しております。
問い合わせ先: https://lobi.co/contact

Lobiでは、より多くの主催者のみなさまに本サービスをご利用いただけるように、今後も機能追加や使いやすさの改善を行ってまいります。


【Lobi Tournament」概要】
参加者の募集からトーナメントの進行対応まで一気通貫で円滑に管理することができるトーナメントプラットフォーム。2017年7月にサービスをスタート。コミュニティ主導で開催されるトーナメントでの利用の場合、無料で機能を解放。2017年8月より、大会主催者向けに、大会規模に応じた賞品などの提供支援を開始。2018年8月に、スイスドローに対応。 https://vs.lobi.co/


【「Lobi」 概要】
2010年12月にApp Store、Google Play にて提供を開始したゲームプレイヤー向けグループチャットサービス。ゲーム内のギルドや仲間とのコミュニケーションに利用できるプライベートチャットや、ゲームプレイヤー同士が交流する公開コミュニティを利用できる。ゲームデベロッパー公認のオフ会やトーナメントなどのイベントも開催。その他、ゲームアプリと連携する公認コミュニティやゲームにチャット機能を追加できるLobi chat SDKも提供中。

-------------------------------------------------------------------
■アプリダウンロード:
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/id405548206?mt=8
Google play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kayac.nakamap
■対応機種:iOS7.0以上、 AndroidOS3.0以上のスマートフォン
■アプリ価格: 無料(一部課金) ※アプリのご利用にはパケット通信料が必要です。
--------------------------------------------------------------------

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング