“軽さ”と「Boa(R)クロージャーシステム」が遂に融合! ゴルファーにパワーをもたらす次世代ゴルフシューズ新登場! 『adizero one boa(アディゼロ・ワン・ボア)』

PR TIMES / 2014年1月16日 9時31分

~2014年2月14日より販売開始~

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:山脇康一)が展開する「アディダスゴルフ」では、”軽さ”と”フィット感”を融合した次世代ゴルフシューズ『adizero one boa (アディゼロ ワン ボア)』を新たに開発、2014年2月14日より順次販売開始します。



『adizero one boa』では、前作をさらに上回るアディダスゴルフツアー着用モデルとしては、史上最軽量*となる290g(片足25.5cm)を実現。さらにダイヤルを回転させるワンアクションで、フィット感を自由自在に調整できる「Boa(R)クロージャーシステム」を搭載させたことで”軽さ”と”フィット感”を両立しました。さらに、同モデルではフロント中央に配置されたBoa(R)ダイヤルに加え、アウトソール中央にクリ ーツを配置する新設計「CenTraXion(セントラクション)」を採用。2つの機能から構成される独自の「デュアル・センター・テクノロジー(DCT)」により、足全体を均等にホールドし、高いグリップ力と安定性を実現。ゴルファーのパフォーマンスに貢献する次世代ゴルフシューズが誕生しました。

また、『adizero one boa』では進化した高機能アッパー素材「SPRINTSKIN+(スプリントスキンプラス)」の採用による軽量化を徹底。さらに人間工学に基づき配置されたクリーツと柔軟性の異なるアウトソールパーツの連動によって、スイング時の重心軌道を効果的にサポートする「スウィングプレーントラクション」を採用。これにより効率的に足元をサポートし、安定したスイングに寄与します。

アディダスゴルフ グローバルプロダクトマーケティング フットウェア担当ディレクターのメイスン・デニソンは次のように述べています。「私たちは常にゴルファーのパフォーマンスを引き出す製品開発とデザイン設計の限界に挑戦し続けています。この新たな『adizero』はまさに、絶え間無い革新への取り組みが具現化された最たる事例と言えます」。

『adizero one』シリーズでは『adizero one boa』に加え、天然皮革を採用した『adizero ltd boa』(2月中旬発売予定)、シューレースを採用したグローバルモデル『adizero one wd』(4月中旬発売予定)をラインナップ。多くのゴルファーに新たなパフォーマンスを提供していきます。
*前作『adizero tour』は300g(片足25.5cm)。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング