チープ・トリック『at武道館』同窓会、9月26日(水)開催! メンバー全員揃って、日本のファンのみなさんへ動画メッセージ到着!!

PR TIMES / 2018年8月30日 16時1分

元ミュージック・ライフ編集長の”東郷かおる子”と『at武道館』をつくった”野中規雄”の登壇が決定!78年の武道館ライヴ映像を世界初上映!40年前にアノ武道館にいた人、みんな集まれ!

■祝40周年記念!ライヴ・フィルム『チープ・トリックat 武道館 Friday April 28th 1978』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
日時|2018年9月26日(水)
会場|Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)
開映|7:30pm
登壇|東郷かおる子(元「ミュージック・ライフ」誌編集長)、野中規雄(関連書籍『「at武道館」をつくった男』)
【1978年|日本|カラー|60分|4:3|2ch|日本語字幕|DVD】



[画像1: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-760993-12.jpg ]


I|今から40年前となる1978年の4月28・30日の両日、チープ・トリックは、初来日にして武道館ライヴを実施。それを収録し、その後ライヴ・アルバム『at武道館』として発売され、世界中で大ヒット。『武道館』の名を世界に広めるきっかけとなった。

その伝説の武道館ライヴから40周年を迎えた’18年。世界的大ヒット作『at武道館』のライヴ・フィルム『チープ・トリックat武道館 Friday April 28th 1978』を東京・大阪のライヴハウスZeppにて”世界初上映“が実現。

II|世界初公開されるこの上映にあたり、日本の皆さんに、チープ・トリックのメンバー全員揃っての動画メッセージが到着!

III|日本でチープ・トリックをブレイクさせた元『ミュージック・ライフ』誌の編集長、東郷かおる子さんと世界中を魅了したライヴ・アルバム『at武道館』を企画発案した野中規雄氏をお招きし、当時このアルバムが世界にもたらした影響など、エピソードを語って頂きます。

IV|Zepp DiverCityとZepp Nambaのプレミアムシートが完売につき、”追加見切席“を販売いたします。ライヴ絶響上映恒例の「映画タイトルが入ったイベント・ステッカー」と「耳栓」の2in1特典が付きます。

V|ライヴハウスのPA音響で、1978年のチープ・トリックat武道館ライヴを疑似体験!一生に一度あるかないかのこの機会。40年目の同窓会に、みんな集まれ!本日8月30日(木)15:00より、e+、チケットぴあ、ローソンチケット等で、一般発売開始!

[画像2: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-744570-11.jpg ]


 1978年4月、チープ・トリックは、初来日公演にして、武道館2dayをソールド・アウトさせた。当時チープ・トリックが所属したレコードレーベルCBSソニーのディレクターだった野中規雄氏の日本独自企画、“海外ミュージシャンの武道館公演を収録する『at武道館』”の第一弾として、このチープ・トリックの初来日公演に白羽の矢があたる。4月28日・30日の2日間行われたチープ・トリックの武道館公演を収め28日はTV放送用のシューティングも同時におこなわれたが、放送後その映像素材は消息不明となる・・・・。武道館ライヴから30年の月日を経た2008年、遂に幻といわれた初来日の武道館公演の映像が発見された。そして伝説の武道館から40周年の今年。10月11日(木)Zepp Tokyoにてライヴを行うことになったチープ・トリック( https://cheaptrick-budokan2018.com)。そんな矢先、チープ・トリックから、日本のファンの皆さんに嬉しいビッグなプレゼントが届きました。なんと伝説の武道館を真空パックしたライヴ・フィルム『チープ・トリックat武道館  Friday April 28th 1978』を40年目にして世界初上映しよう!ということになりました。しかも、ライヴ・フィルムである以上、ライヴ会場がいいだろうということで、9月26日(水)Zepp DiverCity[東京]、Zepp Namba[大阪]の2か所同時に上映することに!本上映にあたり、日本の皆さんにチープ・トリックのメンバー全員揃っての動画メッセージが到着!世界でも類をみないライヴハウスのPAシステムをフル活用した大音量上映。まさしく、1978年のアノ日・アノ時・アノ武道館に誘います。武道館の40周年を祝うにふさわしいメモリアルな上映イベントになることでしょう。

[画像3: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-246775-0.jpg ]


そのイベントに、元『ミュージック・ライフ』誌の編集長の”東郷かおる子さん“と『at武道館』をつくった男、”野中規雄さん“のお二人がご登壇いただけることになった。(CHEAP TRICKのメンバーの出演はございません。)東郷かおる子さんは、『ミュージック・ライフ』誌の編集長時にチープ・トリックを黎明期から取り上げ、世界でブレイクするかなり前から、日本でブレイクさせた立役者。当時日本はもとより世界的に人気のあった海外ミュージシャンのQUEEN・KISS・AEROSMITHを押しのけるほど人気が爆発し、世界的に売れてないチープ・トリックが、初来日にもかかわらず、武道館でライヴができたのも、このブレイクがあったからこそ『at武道館』が、この世に生まれたわけだ。そして'78年当時、エピック・レコードにて、ディレクターとして企画発案しライヴ・アルバム『at武道館』を発売させたこちらもまさしく日本でチープ・トリックをブレイクさせたきっかけを作った立役者。今回の『at武道館』に焦点を当てた検証対談は、『at武道館』前のチープ・トリック状況をはじめ、『at武道館』企画発案からライヴ収録時のエピソード、海外に日本国内盤が次々と輸出されて行ったこと、そして自身が企画したアルバムが全米アルバムチャートに最高位4位までランクイン、全米だけで400万枚を売り上げ世界中で大ヒットする様、そしてこの『at武道館』をきっかけに『武道館』の名前が広がっていった当時の状況などなど、苦労と挫折、成功と涙などフロンティアだけが許されるエピソードを『at武道館』に深くかかわった東郷さんと野中さんに大いに語っていただきます。東郷さんと野中さんはZepp DiverCityにご登壇いただきますが、当日はその模様を大阪のZepp Nambaに生中継いたします。お楽しみに。

[画像4: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-392541-8.jpg ]


そして上映日当日ご来場いただいた方に配布される入場者特典が、「映画タイトルが入ったイベント・ステッカー」と「耳栓」の2in1特典であることが発表された。 「映画タイトルが入ったイベント・ステッカー」は、映画の原題である[Cheap Trick at BUDOKAN Friday April 28th 1978]と上映日/上映会場名が入ったメモラブルな代物で、材質は、布地(サテン地)である。これはライヴ等で関係者に配られる貼りパス(AAA風)をモチーフにした質感のある凝った仕様となっている。また、「耳栓」は、『ダイナミックな音圧』と『ライヴ級の大音量』を売りにした本イベントにふさわしい、趣向を凝らしたプレゼントとなっている。(先着での配布となっております。入場者プレゼントは数に限りがございます。配布は無くなり次第配布終了とさせていただきます)
[画像5: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-836628-7.jpg ]


チープ・トリックの代表曲であり、全米7位を獲得した大ヒット曲「甘い罠 I Want You to Want Me」や、世界中のミュージシャンにカバーされまくっている世界的名曲「サレンダー Surrender」など、一聴きしたら心を鷲掴みされる楽曲全15曲を収録。(ライヴ自体は全19曲演奏)40年前の武道館での熱狂的な歓迎ぶりが、東京・大阪のZeppの巨大スクリーンで映し出されます。本イベントは、“絶叫OKのライヴ音響による上映”ということで、ライヴさながらに楽しめるスタンディング・エリア(立ち見エリア)では、まるでライヴを観てるかの様な醍醐味を味わえます。まさしく日本屈指のライヴハウスZeppの『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』という究極の環境にて、チープ・トリックの1978年の武道館ライヴを疑似体験いただけます。Zepp DiverCityとZepp Nambaのプレミアムシートが完売につき、”追加見切席“を急遽販売することになりました。お買い上げはお早めに!前売りチケットは、本日8月30日(木)15:00より、e+、チケットぴあ、ローソンチケット各種プレイガイド、全国のコンビニエンスストア(一部除く)にて一般発売開始いたします。一生に一度あるかないかの超貴重なこの機会。アノ武道館でアノ空気を一緒に吸った方で、40年目の同窓会を開きます。10月11日の来日公演の前哨戦であるライヴ・フィルム『チープ・トリックat武道館 Friday April 28th 1978』の一夜限定上映で♪Cryin’!♪Cryin’!盛り上がりましょう!

================================================

【チープ・トリックからの動画メッセージ】 
https://www.facebook.com/plugins/video.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Flegacyjp%2Fvideos%2F277601199513613%2F&show_text=0&width=560

================================================

【コメント】『1978年4月の『at武道館』を世界で初めて、上映するよ。きっと盛り上がるよ、お見逃しなく!』_リック・ニールセン(チープ・トリック)

【コメント】 「『チープ・トリック at武道館』に関して言えば、僕が売ったわけじゃなくて、誰かが売ったんです(笑)。」_野中規雄

================================================

[画像6: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-598366-5.jpg ]

タイトル|祝40周年記念!ライヴ・フィルム『チープ・トリックat 武道館 Friday April 28th 1978』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
原題|Cheap Trick at BUDOKAN Friday April 28th 1978
日時|2018年9月26日(水) Wednesday.26th.Sep.2018.
会場|Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)
開場|6:30pm 開映|7:30pm
登壇|東郷かおる子(元「ミュージック・ライフ」誌編集長)
野中規雄(関連書籍『「at武道館」をつくった男』)
本編上映前に登壇をおこないます。
大阪会場は、本編上映前に東京会場で行われる登壇の模様を中継いたします。
本編上映は、8:00pm~開始予定。
※登壇は、予告なく変更になる場合がございます。※チープ・トリックのメンバーの登壇はございません。
【1978年|日本|カラー|60分|4:3|2ch|日本語字幕|DVD】

[チケット券種] 税込/ドリンク代別
【前売券】2.|一般自由席:3,000円/3.|降伏のスタンディング・エリア(立見):2,000円/4.|エクストラ・シート(追加見切席/全席指定):4,000円
【当日券】500円増し
※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。
※プレミアム・エリア・シート(全席指定)は、完売しました。

【一般販売(先着)】 2018年8月30日(木)15:00~2018年9月25日(火)  23:59
※各社プレイガイドによって終了時間が異なります
※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

◎チケットぴあ:
・席種|2.|一般自由席|3.|降伏のスタンディング・エリア(立見)|4.|エクストラ・シート(追加見切席/全席指定)
・URL| http://w.pia.jp/t/cheaptrick-lf/
(PC、モバイル共通) Pコード:558-812 [東京・大阪共通]

WEBからお申込みの上、セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗でチケットをお受取ください。
または全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗にて、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

◎イープラス:
・席種|2.|一般自由席|3.|降伏のスタンディング・エリア(立見)
・URL| http://eplus.jp/zepp-de-cheaptrick/(PC、モバイル共通)

WEBからお申込みの上、ファミリーマートもしくはセブン-イレブンでチケットをお受取ください。
または、全国のファミリーマート店内のFamiポートから、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

◎ローソンチケット:
・席種|2.|一般自由席|3.|降伏のスタンディング・エリア(立見)
・URL| http://l-tike.com/cheaptrick/ (PC、モバイル共通)Lコード:71496

WEBからお申込みの上、ローソン、ミニストップでチケットをお受取ください。
または全国のローソン、ミニストップの店内端末「Loppi」から、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。
--------------------------------------------------------------------------------------------
[画像7: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-808930-13.jpg ]


■ライヴ・フィルム『チープ・トリックat武道館 Friday April 28th 1978』

1978年4月。チープ・トリック武道館公演の完全なるライヴ・ドキュメンタリー!
デビュー以来、日本で大ブレイクしたチープ・トリックは1978年4月初めて日本の地を踏む。既に2ndアルバム『蒼ざめたハイウェイ』は日本でゴールド獲得、シングルも大ヒット、音楽誌は彼らの話題で持ちきりとなり、それまでクイーン、キッス、エアロスミスの3大人気バンドを追い落とすほどの現象を引き起こしていた(ミュージック・ライフ誌では数年続けての人気投票一位だったクイーンを追い落とし、チープ・トリックが一位を獲得したほど)。満を持しての初来日公演は1978年4月25日の福岡市九電記念体育館を皮切りにスタート!そして4月28日と30日、初来日にしていきなりの武道館公演を行うことになった。そしてその模様はレコーディングされることが急遽決まった。とはいえ最初はほんの思いつきで生まれたものだった。それまで熱心に応援し続けてくれた日本のファンへの感謝の気持ちから「日本限定」での発売を企画。ぶっつけ本番的な地域限定アルバムとして考えだされたものだった。武道館の二日間は録音され、そこから10曲がライヴ盤に収められた。

「ロビンとトムが初めてアルバム・ジャケットを見たとき“二人とも羊みたい!チビの二人組だぜ!”って叫んでいたよ。でもみんな思っていた。“別にいいじゃないか。日本ファンのために作ったのだから、日本以外の人は誰も目にしないからね”ってね。ところがあんなことになるとは!?」 (バニー)

[画像8: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-218964-2.jpg ]


1978年10月『チープ・トリック at武道館』日本発売。すると、まもなくアメリカでDJたちが(ボストンのWBCNなど)ガンガンこのライヴ・テイクをオンエアー。通常の2倍もする値段にもかかわらず、日本からの輸入盤が爆発的に売れ始めた。急遽USのEPICはプロモ用にこのライヴ盤のダイジェスト「From Tokyo To You」というDJコピーを全米中のラジオ局にばら撒き、あっという間に現象化!

「あの武道館のアルバムはアメリカ・ロック史上に残る”輸入盤“と化した!」(リック)

『at武道館』から正式にシングル・カットもされ、見る見るうちにチープ・トリック初のTOP10ヒット、全米7位まで上昇。アルバムも日本からの逆輸入盤が飛ぶように売れ、慌てて後からアメリカでも1979年2月リリース。その結果、アルバムは全米4位のプラチナディスク、そしてアメリカのみで400万枚を超える大ヒット!「チープ・トリック」と「武道館」の名は、あっという間に世界中へと広まった。

出演・演奏|CHEAP TRICK[チープ・トリック] :ロビン・ザンダー[vocals, rhythm guitar]、リック・ニールセン [lead guitar]、トム・ピーターソン [bass guitar]、バン・E・カルロス[drums]

[画像9: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-204913-3.jpg ]


【上映楽曲】
1. ハロー・ゼア Hello There
2. エロ・キディーズ ELO Kiddies
3. スピーク・ナウ・オア・フォーエヴァー・ホールド・ユア・ピース
/Speak Now or Forever Hold Your Peace
4. ルックアウト Lookout
5. ダウンド Downed
6 キャント・ホールド・オン Can't Hold On
7. オー・キャロライン Oh Caroline
8. サレンダー Surrender
9. サヨナラ・グッバイ Auf Wiedersehen
10. サザーン・ガールズ Southern Girls
11. 甘い罠 I Want You to Want Me
12. カリフォルニア・マン California Man
13. グッドナイト Goodnight
14. エイント・ザット・ア・シェイム Ain't That a Shame
15. 今夜は帰さない Clock Strikes Ten

Friday April 28th 1978

【1978年|日本|カラー|60分|4:3|2ch|日本語字幕|DVD】
[画像10: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-600882-6.jpg ]

■チープ・トリック初来日公演
1978年4月25日|福岡市九電記念体育館
1978年4月26日|名古屋市公会堂
1978年4月27日|大阪厚生年金会館
1978年4月28日と30日|日本武道館
1978年5月1日|静岡駿府会館

https://cheaptrick-budokan2018.com/
[画像11: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-783455-15.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-347271-4.jpg ]


■東郷かおる子
元「ミュージック・ライフ」誌編集長、音楽評論家。神奈川県横浜市出身。新興楽譜出版社(現シンコー・ミュージック・エンターテインメント)入社後、’78年に音楽専門誌「ミュージック・ライフ」誌編集長となる。’ 90年に退社しフリーランスとなる。著書に「クイーン・オブ・ザ・デイ」(扶桑社刊)、「我が青春のロック黄金狂時代」(角川SS新書刊)、訳書に「60年代ブリティッシュ・ビート」(シンコー・ミュージック刊)、「クイーン/果てしなき伝説」(扶桑社刊)などがある。

■野中規雄
1948年群馬県前橋生まれ。1972年にCBSソニー(当時)に入社し、洋楽宣伝、洋楽ディレクターとして、エアロスミスやクラッシュ、ジャニス・イアン、チープ・トリックなど数多くのアーティストを手がけた。その後、SD本部、国内制作本部長、ソニーミュージックエンタテインメント取締役を経て2003年にソニー・ミュージックダイレクト代表取締役に就任。2008年に同社を定年退職し、同年に退職した岡田了と共に株式会社日本洋楽研究会を設立。制作に携わった洋楽カタログを後世に残すための活動を行っている。

[画像13: https://prtimes.jp/i/20808/164/resize/d20808-164-979114-14.jpg ]


企画・主催|(株)Zeppホールネットワーク、(株)ソニー・ミュージックダイレクト
提供:ソニー・ミュージックレーベルズ協力:Live Nation Japan
(C)2008 Sony Music Entertainment
*ご紹介いただく際、上記の表記をお願いいたします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング