日韓で20万人を動員!!『YG Family Concert in Japan』遂にグランドフィナーレ!!

PR TIMES / 2012年1月23日 17時54分



BIGBANG、2NE1、SE7EN等日本でも絶大な人気を誇るアーティストを擁する韓国最大手音楽事務所「YG ENTERTAINMENT(ワイジーエンテタインメント)」設立15周年を記念し、ここ日本でも開催された『YG Family Concert in Japan』が、最終公演である1月22日(日)さいたまスーパーアリーナ公演をもってグランドフィナーレを迎えた。

この日、会場につめかけたファンはおよそ3万5千人。1月7日(土)、1月8日(日)、1月21日(土)に行われた公演も含めると、全行程で約16万人を動員したことになり、昨今開催される韓国アーティストの公演の中でも最大規模を誇る実績からも、YG ENTERTAINMENT所属アーティストの日本での人気の高さがうかがい知れるといえよう。

なお、この公演で最も目玉となっているのは、なんと言ってもBIGBANG(ビッグバン)メンバー5人が全員揃っておよそ9ヶ月振りに日本のステージに上がったという事実だ。先日テレビ朝日系「MUSIC STATION」出演時にも披露した「TONIGHT」をはじめ、人気楽曲合計8曲を披露し、会場を大いに沸かせた。また、メンバーの口から、3月に日本でのアルバムリリースを予定しているといううれしいニュースも飛び出し、会場にいるファンの熱気は高まるばかり。

また、今回の最終公演では、昨年11月に待望の日本デビューを果たした「Gummy(コミ)」が歌唱する、日本の音楽ユニット「globe」の不朽の名作「DEPARTUERS」に、楽曲のプロデュースを手がけた小室哲哉がサプライズ出演。

その他、昨年9月にオリコンアルバムウィークリーランキング1位獲得で鮮烈な日本でビューを飾った2NE1(トゥエニィワン)、約4年振りに日本での活動を再開した元祖K-POPスター「SE7EN(セブン)」、圧倒的なパフォーマンスとその類まれなるキャラクターで、日本でも一躍脚光を浴びている「PSY(サイ)」等、合計7組のアーティストがステージに登場。各アーティスト毎のステージパフォーマンスはもちろんのこと、ファミリーだからこそ成せる豪華組合せによるコレボレーションやお互いの楽曲をカバーし合う演出も盛り込まれており、約3時間半に及ぶ内容ながら、終始興奮冷めやらぬステージの連続は、ファンにとってあっという間に感じる時間となった。

昨年7月に、新レーベル『YGEX(ワイジーエックス)』発足し、これまで以上により本格的な日本展開に乗り出すYG ENTERTAINMENTと、その『YGEX』を担う日本の総合エンタテインメント企業であるエイベックス。2NE1の日本デビューをはじめ、これまで所属アーティストの日本展開を積極的に取り組んできた両社のまさに集大成ともいえる結果が形となった今回の「YG Family Concert in Japan」で、今後より一層のYG Familyアーティストの躍進が期待されるような勢いと熱気が日本の音楽シーンに伝わったと言えるだろう。
 
-------------------------------------------------------
■BIGBANGオフィシャルサイト
http://www.ygbigbang.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング