ESET(イーセット)法人向けライセンス製品 Microsoft Windows XPサポートを2017年2月末まで継続 (状況に応じて期間延長)

PR TIMES / 2013年8月20日 10時45分



キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS) は、ESET法人向けライセンス製品「ESET Endpoint Protection シリーズ」のプログラム「ESET Endpoint Security」「ESET Endpoint アンチウイルス」において、Microsoft Windows XP (以下Windows XP) での利用に対するサポートを、少なくとも2017年2月末まで継続します。2017年3月以降についても、状況に応じて、期間を延長する可能性があります。


■ サポート期限について
Windows XPは、2014年4月9日(日本時間)にMicrosoft社によるサポートが終了すると発表されています。Microsoft社によるサポート終了までに、新しいOSへ移行することを推奨しますが、企業内PCの移行には時間を要する場合もあり、移行完了までの期間もウイルス対策の継続が重要となります。
そのため、ESET法人向けライセンス製品「ESET Endpoint Protection シリーズ」(「ESET Endpoint Protection Advanced」、および、「ESET Endpoint Protection Standard」)では、企業のセキュリティ維持の支援策として、クライアントOS向けプログラム「ESET Endpoint Security」「ESET Endpoint アンチウイルス」について、少なくとも2017年2月末まで、Windows XPでの利用に対するサポートを継続します。
なお、2017年3月以降についても、状況に応じて、サポート期間を延長する可能性があります。


「ESET Endpoint Protection シリーズ」のWindows XPサポート期限
 【プログラム】※1
  ・ESET Endpoint Security
  ・ESET Endpoint アンチウイルス

 【サポート期限】※2
  少なくとも2017年2月28日まで

 ※1: x86、および、x64両プラットフォームを対象とします。
 ※2: 現在、「ESET Endpoint Protection シリーズ」にて提供しているクライアントOS向けプログラム(旧バージョンを含む)を対象とします。ただし、本Windows XPサポート期限とプログラムの各バージョンのサポート期限は異なります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング