六甲オルゴールミュージアム 開館20周年記念 特集コンサート 3月21日(金・祝)~4月17日(木)

PR TIMES / 2014年3月3日 10時1分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)の子会社である、六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が六甲山上で運営する六甲オルゴールミュージアム(博物館相当施設)は、2014年7月21日に開館20周年を迎えることから、2014年の年間を通じて記念事業を実施します。3月21日(金・祝)からは特集コンサート「オルゴールで聴く心に残るメロディー」と題した企画を開催いたします。



WEBページはこちら
http://www.rokkosan.com/museum/event/20140122_5846/

開館20周年記念
特集コンサート 「オルゴールで聴く心に残るメロディー」概要

六甲オルゴールミュージアムでは、開館以来培ってきた技術やノウハウを生かし(下記参照)、この20年間で人気が高かった曲や出来事に関連した曲を、アンティーク・オルゴールで演奏するコンサートを行います。
演奏曲は、クラシックから最新のヒットソングまで多岐に渡り、曲の紹介と共に、曲にまつわるエピソードも紹介します。郷愁を誘うオルゴールの音色と記憶に残るメロディーを、来館者それぞれの20年間の思い出と重ねながら、鑑賞していただきます。


【開催経緯】
開館以来、様々な事業に取り組んできましたが、その中でも最大のトピックスはアンティーク・オルゴールで現代の曲を演奏が出来るようになったことです。このような取り組みは、他のオルゴール関連施設では行っていない当館独自のものです。開館20周年の企画として、その取り組みを最大限に生かしたコンサートを企画しました。

【開催期間】
2014年3月21日(金・祝)~4月17日(木)

【開催時間】
10:30~、11:30~、12:30~、13:30~、
14:30~、15:30~、16:30~(各回約15分)

【演奏曲目例】
「しあわせ運べるように」(作詞・作曲:臼井真 1995年)
「世界で一つだけの花」(作詞・作曲:槇原敬之 2003年)
「誰も寝てはならぬ」
 (オペラ「トゥーランドット」から 作曲:プッチーニ 1921年頃)
「恋するフォーチュンクッキー」
 (作詞:秋元康 作曲:伊藤心太郎 2013年)


<20周年にちなみ20歳は無料>
開館20周年にちなみ、特集コンサート「オルゴールで聴く心に残るメロディー」期間中は、20歳のお客様を入館無料でご招待します。
※本人のみ。
※身分証明書の提示が必要。


<リリースに関するお問い合わせ先>
六甲オルゴールミュージアム
TEL:078-891-1284/FAX:078-891-0111
URL: http://www.rokkosan.com/museum/

<営業概要>
【入館料】(3/31迄)中学生以上:1,000円、4歳~小学生:500円
     (4/1以降)中学生以上:1,030円、4歳~小学生:510円
【営業時間】10:00~17:00(16:20受付終了)
【休館日】会期中無休
【所在地】〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング