【ネット証券に関するアンケート調査】インターネットでの株式売買経験者のうち、4割はここ1年で投資資金増加。ネットでの取引意向者は2割強、「取引手数料の安さ」を重視

PR TIMES / 2014年9月24日 9時28分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、17回目となる『ネット証券』に関するインターネット調査を2014年8月1日~5日に実施し、10,201件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19312/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■インターネットで株式売買をしたことがある人は25.2%。そのうち、4割はここ1年で投資資金増加
■インターネットでの株式売買意向は2割強。取引時の重視点は「取引手数料が安い」がトップで、「セキュリティ」「手続が簡単」が続く。ネットでの株式売買未経験者では「手続が簡単」「セキュリティ」が多い
───────────────────────────────────────────



◆株式売買の経験
株式売買の経験率は「現在も売買をしている」「現在は売買をしていないが、以前はしていた」を合わせ、30.8%です。男性や高年代層、世帯年収が高い層で多くなっています。インターネットでの株式売買経験者は25.2%で、「現在も売買をしている」は17.9%です。男性や高年代層ほど経験者は多く、男性30代以上では「現在も売買をしている」が各3割弱みられます。


◆インターネットで取引したことがある証券会社
インターネットで取引したことがある証券会社は、「SBI証券」(37.7%)がトップで、「楽天証券」「マネックス証券」「野村證券」「松井証券」が各2割前後で続きます。「SBI証券」は男性30・40代で各5割弱と、他の年代より多くなっています。主にインターネット取引をしている証券会社の満足度を聞いたところ、『松井証券』『SBI証券』主利用者で「満足」と回答した比率が高くなっています。


◆インターネット取引によるここ1年の投資資金の変化
インターネットでの株式売買経験者に、ここ1年で投資資金がどう変化したかを聞いたところ、「増加した」が41.0%、「減少した」が16.5%、「ほとんど変わらない」が30.3%となっています。現在取引している人では、増加した人が半数強です。『松井証券』『GMOクリック証券』主利用者では、増加した人が多くなっています。


◆インターネットでの株式売買の意向、ネット取引時の重視点
今後、インターネットで株式売買をしたいと回答した人は24.3%です。利用意向は男性の方が多く、男性30代以上では3割強~4割となっています。現在インターネットで株式売買している人では9割強、未経験者では7%にとどまります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング