BSIジャパン、FSSC22000(食品安全システム)認証を「エムケーチーズ株式会社」に実施

PR TIMES / 2013年4月3日 15時33分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、エムケーチーズ株式会社(神奈川県綾瀬市 代表取締役社長 堀井 太喜男、以下 エムケーチーズ)へFSSC22000(食品安全システム)認証を実施しました。(認証登録日:2013年3月8日)

 エムケーチーズは、森永乳業株式会社グループの一員で、クラフトブランドでお馴染みのプロセスチーズの製造会社です。エムケーチーズでは、ISO14001(環境マネジメントシステム)及びISO9001(品質マネジメントシステム)を取得していましたが、より食品安全の取組みを強化するために、FSSC22000を森永乳業グループの中でもいち早く認証取得しました。


 FSSC22000は、Food Safety System Certification 22000の略であり、食品製造組織に向けた、新しい食品安全システムの規格です。EU食品・飲料産業連合(CIAA)の支援の元、FFSC (Foundation for Food Safety Certification)によって開発されました。FSSC22000は、2010年   2月、国際食品安全イニシアチブ(GFSI: Global Food Safety Initiative)(*1)により、食品安全の認証スキームの一つとして承認されました。GFSI承認のFSSC22000は、飲料メーカーや大手流通業者が、その取引条件として用いるなど、現在、最も大きな注目を集めている規格です。


エムケーチーズ株式会社  代表取締役社長 堀井 太喜男様からのFSSC22000認証取得についての コメント
■FSSC22000認証取得の目的
 認証取得の目的は、品質マネジメントシステム認証取得から13年が経過し、認証取得時の苦労を知らない若手社員が半数以上占めてきたため、従来からの高品質体制のシステムを、HACCPの考え方に基づいて再構築することで、管理レベルの向上を目指しました。さらに、将来へのグローバル化への足がかりもその目的のひとつです。

■FSSC22000の構築・認証で良かった点
 食品安全の視点で、従来から運用していたシステムを見直すにあたっては、ベテラン社員と若手社員の混成チームを編成した食品安全チームが現場に足を運び、前提条件プログラムやシステムの運用状況を繰り返し改善することで、一人ひとりの食品安全レベルが徐々に向上していきました。
 また、定期的なミーティングを進めるうちに、内部コミュニケーションが活性化され、会社全体として、安全で高品質な商品を造っていくという姿勢に変わってきました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング