大阪の中心地に新しいラグジュアリーホテルが誕生

PR TIMES / 2013年6月5日 13時27分

●インターコンチネンタルホテル大阪、6月5日(水)開業
●国内で7軒目、大阪および関西で初めてのインターコンチネンタル




==========================================
大阪の中心地に新しいラグジュアリーホテルが誕生
●インターコンチネンタルホテル大阪、6月5日(水)開業
●国内で7軒目、大阪および関西で初めてのインターコンチネンタル
==========================================
 インターコンチネンタル、ANAクラウンプラザホテル、ホリデイ・インなど国内に
29のホテルを展開するIHG・ANA・ホテルズグループジャパン(東京都港区赤坂1-12-20、
最高経営責任者:クラレンス・タン、英国本社:IHG)は、今春オープンし大阪の新名所として
賑わう「グランフロント大阪」に、インターコンチネンタルホテル大阪(大阪市北区大深町、
総支配人:ハフィッド アル ブサイディ、総客室数:ホテル215室/サービスレジデンス57室)が、
本日、6月5日(水)に開業したと発表しました。

 インターコンチネンタルホテル大阪のハイライトは、まずは大阪と周辺地域を一望する20階の
高層ロビー、平均50m2 以上のゆとりある215のホテル客室、最大3ベッドルームの高級サービス
レジデンス57室、「母なる自然」をイメージした荘厳な婚礼チャペル、グランフロント大阪の緑と
一体化した宴会場フロア、オープンキッチンを設けるコンテンポラリーフレンチ「Pierre(ピエール)」と
ブッフェレストラン「NOKA(ノカ)」といった魅力的な施設です。そのインテリアデザインは、
国内外から取り寄せた石材や木材などの天然素材やガラス素材をモチーフに、香港と日本の著名な
インテリアデザイナーの手によって、現代的なデザインの 中で日本の美を表現しています。

 インターコンチネンタルホテル大阪は、国内で7軒目、大阪および関西で初めてのインター
コンチネンタルとして、世界で60以上の国と地域で約170ホテルを展開するインターコンチネンタルの
ホテルブランドに加わります。世界中のインターコンチネンタルでは、ホテルに滞在するお客様お一人
おひとりがその土地ならではのかけがえのない体験をしていただけるよう、各ホテルのコンシェルジュが
中心となり、オリジナルの観光ガイドビデオ(日英)、ガイドマップ(日英)、iPadアプリの滞在
ガイド(英)等をお客様に提供しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング