11月25日(火)発売 雑誌『WIRED』VOL.14の特集「FUTURE OF DEATH ― 死の未来 ―」

PR TIMES / 2014年11月21日 16時0分

http://wired.jp/



世界をリードするアイデア&イノヴェイションマガジン『WIRED(ワイアード)』は、11月25日にVOL.14を発売。特集タイトルは「FUTURE OF DEATH ― 死の未来 ―」。
最先端のサイエンスとテクノロジーが、ぼくらの「生」を更新しようとしている。その定義を書き換えようとしている。「生」が変わる。ならば「死」は? 未来の「死」は、ぼくらが知ってる「死」ではないかもしれない。『WIRED』が考える、死の未来とは。

■DEATH IN A QUANTUM SPACE
ハメロフ博士の世界一ぶっとんだ死の話
意識と「量子もつれ」と不滅の魂

人がその生をまっとうし、肉体が生命活動を終えたとき、「意識」も消えてしまうのだろうか。高名な麻酔医スチュアート・ハメロフ博士の言うことには、意識は量子の世界を漂い、「死などありえない」のだ。


■DEMOCRATIZING DEATH:
TO LIVE AND DIE IN THE METROPOLIS
死を民主化せよ
コロンビア大学院建築学部 DeathLabの挑戦

人口がより集中し、無宗教の人々が増えているいま、都市においていかに「死」を組み込むかは、アーバンプランニングにおける重要な課題となりつつある。都市生活におけるライフ・サイクル、ライフ・デザインのなかに「死」を民主的に取り戻すこと。それが2013年に創設された「デスラボ」のミッションだ。


■弔い2.0 ちゃんと悼むためのスタートアップ
「死者」がいる限り、「死」はビッグビジネスであり続ける。しかし、それは本当に満足な「死」を本人にも、遺された人にも与えているのだろうか。地縁・血縁・宗教にもとづく共同体が失われゆく時代、死をめぐるサーヴィスはいかなるものでありうるのか。デジタルテクノロジーはそこでどんな役割を果たせるのか。注目の葬儀スタートアップに話を訊いた。

■SCIENCE OF DEATH 死の科学 20の断章
生命科学と最新のテクノロジーはいま、ぼくらの「死」をこんなふうに書き換えようとしている。
血液検査で「死」の予兆を知る/カーツワイルの「死なないための」イノヴェイション/3Dプリンターで血管をつくる/自殺の生物学/クマムシは生きながら死ぬ/注目の埋葬法「マッシュルーム・デススーツ」/「知性のクラウド化」と死からの解放 ほか

■FOUR THOUGHTS ON DEATH いま死を想うということ:4つの証言
死は有史以来、人を悩ませてきたテーマだ。そこからアートや科学やその他のさまざまな文化が花開いた。21世紀のいま、死はぼくらにどんな問いを投げかけてくれるのか。あえていま「死」というテーマに果敢に取り組む4人に訊いた。
フライング・ロータス/福原志保/石黒 浩/サラ・マレー

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング