1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

iPadや一眼カメラで動画撮影が楽しめる!タブレットホルダー付きモデルや最大170cmまで伸びるモデルなど4種類のスマホ三脚スタンドを新発売

PR TIMES / 2021年8月24日 16時45分

動画撮影を気軽に楽しもう!4種類の三脚スタンドが登場

エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:柴田幸生)は、スマホやタブレット、一眼カメラを固定して動画撮影ができる三脚4種類を8月下旬より発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-4cfb85ce1fdf585fa13e-0.jpg ]

配信・撮影状況などにあわせて様々なお悩みを解決できる幅広いラインナップです。すっきりとした形状とマットな質感が高級感のあるデザインで、コンパクトに収納することができるため持ち運びにも便利です。配信や撮影に限らず、WEB会議やテレビ電話、動画視聴など幅広い用途でお使いただけます。

【タブレットでも撮れる三脚&自撮り棒(スマホ・タブレット両用)】
自撮り棒としても使用できる2Wayタイプのスマートフォン・タブレット用三脚です(※1)。タブレットとスマートフォン両方を固定できる大型ホルダーが付属します。縦撮り、横撮りの両対応です(※2)。ホルダーは4.7~8.4 8.7~13インチまでのスマートフォン・タブレットに対応しています。三脚として使用する際は380mmから470mmまで高さ調整が可能で、脚の部分をひねるだけで簡単にロックでき、高さ調節が可能です。耐荷重約は1.5kgです(※3)。三脚は123g、18cmとコンパクト。かばんなどに入れて簡単に持ち運びが可能です(※4)。
[画像2: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-e9f1ccafb9026ec5e313-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-448f901a4bbd3d0fe639-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-8200c6037c87a84b02ea-3.jpg ]


(※1):タブレットを装着する際は、三脚としてのみご使用ください。
(※2):撮影の際はネジをしっかりと締めてください。※雲台は垂直付近に調節してご使用ください。傾けすぎると、転倒の恐れがあります。※縦のサイズが225mm以上のタブレットについては、縦置きでの設置が出来ません。
(※3):三脚状態なおかつ、雲台を垂直付近に固定した場合の耐荷重です。
(※4):ホルダーを取り付けたときのサイズは約355mmです。

【一眼でも全身が撮れる ロング型三脚(スマホ・一眼カメラ用) 】
広い場所や全身撮影に最適。最大1700mmまで伸びるロングタイプのスマートフォン用三脚です。スマートフォンホルダーは6.5インチまでの大きさに対応しています。約420~約1700mmまで高さ調整が可能で、脚の部分をひねるだけで簡単にロックできます。ワンボタンで脚を広げることができ、簡単に組み立てが可能です。1/4インチネジ対応の三脚・ホルダーであれば、取り付けが可能です。耐荷重最大は高さ使用時約1.5kg、最小高さ使用時約30kgとなっています。全長41cm、約544g(スマートフォンホルダーを除く)と本格的な三脚なのに軽量コンパクトで片手で簡単に持ち運びができます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-884f6fdb6449712df659-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-9b7c1a0e5d43bc61078f-5.jpg ]


【スマートに収納 ホルダー一体型簡単収納三脚】
自撮り棒としても使用できる2Wayタイプのスマートフォン用三脚です。スマートフォンホルダーが三脚に収納できるので約20cmとなり、コンパクトに持ち運ぶことが可能です。ホルダー部の首を回転させると自由なアングルで撮影が可能です。スマートフォンホルダーは6.5インチまでの大きさに対応しています。三脚として使用する際は230mmから840mmまで高さ調整が可能です。アクセサリーシューが付いているのでマイクやライトなどのアクセサリーの取り付けが可能です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-677776b3b16444a19e37-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-e7b6e568a92318b2f27d-8.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-49e8a791c85b7d347ae7-7.jpg ]


【超コンパクトで2Wayで撮れる 三脚&自撮り棒(スマホ用)】
自撮り棒としても使用できる2Wayタイプのスマートフォン用三脚です。雲台は360度回転(縦撮り、横撮り)しますので、お好みの角度・位置で固定可能です。スマートフォンホルダーは6.5インチまでの大きさに対応しています。三脚として使用する際は280mmから370mmまで高さ調整が可能で、脚の部分をひねるだけで簡単にロックできます。耐荷重は約1.5kgです(※5)。三脚は123g、18cmとコンパクト。かばんなどに入れて簡単に持ち運びが可能です。
[画像10: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-a224507a0d3be538d4f4-9.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-ce68c2fe7c4c17cda741-10.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-a41ac6aa63941b409976-11.jpg ]


(※5):三脚状態なおかつ、雲台を垂直付近に固定した場合の耐荷重です。
(※6):ホルダーを取り付けたときのサイズは約254mmです。

■製品詳細

[画像13: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-f986912722b4f632002b-13.jpg ]

〈スマホ&タブレット両用〉
型番:P-STSRS02MTBK
価格:オープン価格
URL: https://www.elecom.co.jp/products/P-STSRS02MTBK.html


[画像14: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-80347a8bbbdb97a2e53c-15.jpg ]

〈スマホ・一眼カメラ用〉
型番:P-STSRS02LSBK
価格:オープン価格
URL: https://www.elecom.co.jp/products/P-STSRS02LSBK.html

[画像15: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-dd2478868807112c00ca-14.jpg ]

〈ホルダー一体型〉
型番:P-STSRS02ITABK
価格:オープン価格
URL: https://www.elecom.co.jp/products/P-STSRS02ITABK.html

[画像16: https://prtimes.jp/i/26881/174/resize/d26881-174-0ec6c8f8701b645d3486-12.jpg ]

〈スマホ用〉
型番:P-STSRS02MSBK
価格:オープン価格
URL: https://www.elecom.co.jp/products/P-STSRS02MSBK.html


詳細は下記URLより当社HPをご覧ください。
https://www.elecom.co.jp/news/new/20210824-01/


■ご購入はこちら
[スマホ・一眼カメラ用 P-STSRS02LSBK]
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B09CPR3N5Y/
ビックカメラ.com: https://www.biccamera.com/bc/item/9504386/
ヨドバシ.com: https://www.yodobashi.com/

[スマホ&タブレット両用 P-STSRS02MTBK]
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B09CPRBXM7/
ビックカメラ.com: https://www.biccamera.com/bc/item/9504388/
ヨドバシ.com: https://www.yodobashi.com/


【エレコム株式会社 会社概要】
■会社名 :エレコム株式会社
■本社所在地 :大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 LAタワー9F
■設立 :昭和61年(1986年)5月
■代表者 :代表取締役社長 柴田 幸生

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング