1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界初『Pokemon UNITE(ポケモンユナイト)』のレッスン開講ゲームのならいごと 「ゲームカレッジLv99」が10月5日より小学生対象「無料モニター」を募集!

PR TIMES / 2021年10月5日 20時15分

株式会社イオンファンタジー(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:藤原徳也、以下、当社)は、ゲームを遊ぶことで子どもたちのこれからの時代を生きる上で必要な能力を伸ばすオンラインスクール「ゲームカレッジ Lv99」にて、新たに『Pokemon UNITE(ポケモンユナイト)』のレッスンを開講いたします。この度、開講に先立ち10月5日より「ポケモンユナイトコース」無料モニターを募集開始いたします。
「ポケモンユナイトコース」では、ゲームカレッジLv99 の経験豊富なトレーナー陣が子ども達に戦略の立て方や考え方のコツを教え、サポートしながら遊ぶことで、「戦略的思考力」や「コミュニケーション力」「チームワーク」といった、これからの時代に必要となる資質・能力を自発的なかたちで育成することを目指します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/60567/175/resize/d60567-175-88c9a4b48662ee334580-0.png ]




『Pokémon UNITE(ポケモンユナイト)』とは


[画像2: https://prtimes.jp/i/60567/175/resize/d60567-175-e9aaa7e5c4d61ea94cc2-1.jpg ]

『ポケモンユナイト』は、5対5の2チームに分かれて、制限時間内にどれだけ多くのポイントを獲得したか競うゲームです。
フィールド全体の状況を把握しながら、チームが勝つために自分の
立ち回りを考え、最適な方法を選択し戦うため、勝利するために
戦略性とチームワークが必要になります。シンプルなルールや10分
間の試合など、小学生にもわかりやすく、遊びやすいゲームになっているため教材としても大変適しています。『ポケモンユナイト』のようなチームバトルゲームはMOBA という世界で人気が高いジャンルとなっており、教育効果についても世界各国で論文が発表されています。

            (C)2021 Pokémon. (C)1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
                                           (C)2021 Tencent.
   ポケットモンスター・ポケモン・Pokémon は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。


「ポケモンユナイトコース」の特徴

・教育効果の高いMOBAジャンルの『ポケモンユナイト』でまなぶレッスン
「ポケモンユナイトコース」はIQや様々な能力向上との相関性が世界で論文発表されているMOBAジャンルの『ポケモンユナイト』でまなぶレッスンです。子どもたちがトレーナーのサポートを受けながら戦略を考え、フィールド全体の状況を把握し、チームが勝つために行動することで、集中力やマルチタスク能力のほか、計画性や推測
力、コミュニケーション能力、協調性、チームビルディングなど様々な力を養うことができます。

・安心安全な環境でのレッスン提供
ゲームを友達とプレイしたいというニーズはありますが、なかなか一緒にプレイできる場がない、またオンラインで自由に繋がるのは心配だという親御様の声をいただいています。ゲームカレッジ Lv99ではスポーツ等のならいごとと同様に、トレーナーがいる安全安心な環境で子ども達同志がお互いの関わり方を学びながら、みんなで楽しくゲームプレイできる環境づくりを行い、関わり合いの中で協調性、チームワークを学ぶことができます。

・「ポケモンユナイト英語コース」も用意
『ポケモンユナイト』を英語モードにして、ネイティブやバイリンガルの先生と英語でコミュニケーションを取りながらゲームプレイを行うコースです。ゲームプレイを通じて活きた英語に触れ、コミュニケーションをとることができます。


ゲームカレッジ Lv99監修者コメント


[画像3: https://prtimes.jp/i/60567/175/resize/d60567-175-72e17c4abe395600ac73-2.png ]

藤本 徹(ふじもと・とおる)
東京大学 大学院情報学環 准教授 / 専門はゲーム学習論
<コメント>
子どもたちは遊びの経験から多くを学んで成長していきます。クラブ活動や習いごとも、もともとは遊びだったものが文化として社会的に認識された、いわば「社会に定着した遊び」という側面があります。囲碁や将棋のようなアナログゲームは既に、そのような社会への定着が進み、強いプレイヤーが尊敬される世界となっています。デジタルゲームも同様に、これから社会に出て活躍するために必要な能力を高める遊びの要素が豊富に含まれており、国内外でゲームの学習効果についての研究が進んでいます。ゲームカレッジ Lv99では、ゲームの遊びと学びをつないで、ゲームの遊びが成長の機会となるようなサポートを提供します。
今回レッスンを開講する『ポケモンユナイト』のように、アクション要素が高くてリアルタイムな戦略性のあるマルチプレイヤーゲームには、以下のような能力の成長機会があります。
・問題発見・問題解決(問題を設定する、問題を解決する)
・探究(課題を設定する、情報を収集する、整理・分析する、表現する、など)
・論理的思考(筋道を立てて考える、モノゴトをより小さい単位に分解する、組み合わせる、整理する、など)
・コミュニケーション(伝える・伝わる、バーバル・ノンバーバル、リーダーシップ、など)
その他、反射神経・操作技術・動体視力など


開講前に『ポケモンユナイト』のレッスンをお試し体験!「無料モニター」を募集

・募集対象:小学1~6年生のお子さま
・募集期間:10月5日(火)~ 10月10日(日)
・無料モニター説明会:初回10月12日(火)17:30 ~ / 19:00 ~  ※オンライン(ZOOM)にて
・無料モニター受講期間:10月16日(土)~ 12月4日(土)
・授業時間:週1回(1回1時間)
      ポケモンユナイトコース:土 13:30-14:30 / 15:00-16:00 / 16:30-17:30
      ポケモンユナイト英語コース:火 16:30-17:30 / 18:00-19:00
・応募方法:ゲームカレッジLv99公式LINEアカウントにて「モニターレッスン希望」とお送りください。
      応募用URL⇒ https://bit.ly/3udQfls

※インターネットに接続できる環境とゲーム機またはスマートフォンなど、対象のゲームがプレイできる環境が必要となります。通信にかかる費用は受講者側の負担となります。


「ゲームカレッジ Lv99」 概要


[画像4: https://prtimes.jp/i/60567/175/resize/d60567-175-fe2a305222c5c1122336-3.png ]

「ゲームカレッジLv99」はゲームを通して子ども達のこれからを生きる上で大切な問題解決力、思考力、創造性などをはじめとする様々な能力を育むオンラインの「ゲームのならいごと教室」です。有名大学出身者を中心とした経験豊かな講師陣により、子どもの知的探求心を育てて学習効果を最大化する為のサポートを行っています。
ゲームカレッジ Lv99は、少年野球やサッカークラブのように大人が適切なファシリテーションを行うことで、安心して子ども達が遊んでまなべる場を提供し、楽しみながら基礎能力を育むことができる、これまでにない「ゲームのならいごと」です。

ゲームカレッジLv99についてはこちら: https://www.fantasy.co.jp/level99/


イオンファンタジーは「世界中に『あそび×まなび』を届けるエデュテイメント企業」を目指します


[画像5: https://prtimes.jp/i/60567/175/resize/d60567-175-38830fa57fa3fb6a2d50-4.png ]

当社が考えるエデュテイメントとは、エンターテイメント(あそび)とエデュケーション(まなび)がひとつになった体験。世界中に楽しい『あそび×まなび』を届けるエデュテイメント企業を目指し、あそびとまなびの融合で、夢中に楽しみながら、こころ・あたま・からだが成長する体験を提供してまいります。

あそび!? まなび!? イオンファンタジーのエデュテイメントサイト: https://www.fantasy.co.jp/edutainment/


<イオンファンタジー エデュテイメント研究所 ゲーム教育ラボ>
あそび(エンターテイメント)における、まなび(エデュケーション)の効果を調査・研究し、エデュテイメントの可能性を明らかにすることを目的に『エデュテイメント研究所』を設置しています。エデュテイメント研究所の中に「ゲーム教育ラボ」を設置し、ゲーム×教育の専門家組織「Cross Education Lab.」と共同で、ゲームの学習効果に関する研究開発を実施しています。ゲームカレッジ Lv99は“Cross Education Lab.”の東京大学大学院情報学環 藤本徹准教授や、Global Teacher Prize 2019 Top10に選出された小学校教諭 正頭英和先生などと連携しレッスンを開発しました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング