トランスコスモス、渋谷ソーシャルメディアセンターを開設 ~ソーシャルメディアの運用ノウハウを集約。得た知見をトランスコスモスの全国拠点に展開~

PR TIMES / 2012年3月14日 15時59分



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、ソーシャルメディアの運用を専門に行う渋谷ソーシャルメディアセンター(以下、渋谷センター)を本社ビル内に開設し、本日より業務を開始しました。ソーシャルメディアを活用するお客様企業向けに、ソーシャルメディアへの投稿、ユーザー投稿への回答・サポート、要望や話題・苦情の監視など、ソーシャルメディア運用全般を提供するとともに、広告企画や調査・分析などの付加価値サービスもあわせた業務ノウハウを集約し、トランスコスモスの他拠点で提供している関連サービスを統括する役割を担います。

■お客様企業先やコールセンター拠点で提供している業務ノウハウを、渋谷センターに集約
トランスコスモスでは2011年5月に「ソーシャルメディア運用サポートサービス」を開始以来、コールセンターやWebサイト運用で培ったノウハウをもとに、ソーシャルメディアにおけるコミュニケーション設計や運用、監視、分析などのサービスを約50社のお客様企業向けに提供してきました。中でも運用サービスは、お客様企業内に常駐して提供するオンサイト形態や、トランスコスモスが受託しているコールセンターなどの拠点内で提供していますが、拠点ごとに分散しているノウハウを集約し、ソーシャルメディア関連業務の統括機能をもつ拠点として、開設に至りました。

■専門的なスキルをもち、業界に精通したファシリテーターがユーザーとのコミュニケーションを構築
お客様企業向けサポート業務を通じてさまざまな業界・業種に精通し、コミュニケーションのプロであるコールセンターサービス部門のメンバーと、広告プランニングやWebサイト戦略、キャンペーン設計など、マーケティングを専門に提供するデジタルマーケティングサービス部門のメンバーを設置し、あらゆる分野のお客様企業に、エンゲージメント運用からサポートサービスまでを提供します。メンバーは、「ファシリテーター」として話の流れをコントロールする役割を担い、お客様企業のブランド力を高め、ユーザーから必要な情報を引き出すための設計・ライティングを行います。

■チームによる対応で属人化を防止。渋谷センターで得た知見を全国の拠点へ
センター化したことで、チームによる対応が可能になります。これにより、ソーシャルメディア運用の問題点である俗人化を防ぐとともに、多種多様な業界のお客様業務を経験することでファシリテーターのスキルアップを推進します。これらの運用で得た知見は、全国に22拠点あるコールセンターやオンサイトでの新規事業構築支援、設計、教育などに活かします。渋谷センターを中心に、全国規模の運用ネットワーク構築を目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング