BSIジャパン、国際規格であるISO14001に基づく環境マネジメントシステム(EMS)認証を株式会社インターネットイニシアティブに授与

PR TIMES / 2013年4月8日 19時33分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、株式会社インターネットイニシアティブ(東京都千代田区 代表取締役社長 鈴木 幸一、以下IIJ)の「松江データセンターパーク」に対して “ISO14001に基づく環境マネジメントシステム(EMS)” 認証を授与しました。本件は、初回認証取得後、適用範囲の拡大による認証授与となります。
(初回認証登録日:2010年4月28日、 拡大認証登録日: 2013年3月26日)

 IIJは1992年に設立されたインターネットプロバイダであり、ネットワーク技術の分野においてイニシアティブを取り、日本のインターネット業界をリードしています。2011年4月に開設した松江データセンターパークでは、商用のデータセンターにおいて日本で初めて外気冷却方式のコンテナモジュールを使用し、大幅な省電力化・エコロジー化を達成しました。

 IIJが開発・運営・提供するクラウドサービス「IIJ GIO」も、松江データセンターパークを基盤インフラとして構築されて運用(稼働)されています。松江データセンターパークは先進的な取り組みが評価されて、多くの賞と特許(※1)を取得されています。

 ISO14001は、国際的に最も普及している環境マネジメントシステム(EMS)規格であり、組織がお客様、社員、株主などのステークホルダーに対して環境への配慮を約束し、環境への影響やリスクをより適切に管理していることを示す基準です。 

 IIJは、松江データセンターパークにおいてISO14001認証を取得(適用範囲の拡大による)した事により、各種の環境リスクなどの経営上の重要課題に適切に対応しつつ、環境パフォーマンスの向上を図りながら、組織の持続可能な発展を継続できる強固な管理体制が構築されている事が示されました。


株式会社インターネットイニシアティブ( 環境管理責任者 篠木 敏哉様からのISO14001認証取得についてのコメント

◆ISO14001認証取得の目的
IIJは、大量に電力を消費するデータセンター事業者ですので、省電力等に取り組み環境負荷を最小限にする事は、社会的責務であると考えています。そのため、ISO14001認証の取得を通じて、各種の環境改善活動を実施し、データセンターの消費電力低減や、PUE(※2)改善を推進し、かつ、“従業員の環境負荷低減への意識付け”を高めたいと考えております。

◆ISO14001の構築・認証で良かった点
メリットとして、主にデータセンターの消費電力が低減された点があります。それ以外には、環境負荷低減のための施策が、データセンター事業の競争力強化に繋った事例があります。松江データセンターパークでは、複数のIZmo(コンテナモジュール)を遠隔地から管理する必要がある為、新たにIZmo管理システムを開発しました。本システムを用いると、遠隔からIZmo内の温湿度制御や、電流測定、IT機器のスイッチ制御が可能になり、オペレーションの省力化が実現されます。
このシステムを、ビル型データセンターの管理にも用いる事で、ビル型データセンターに対して、松江データセンターパークで培った環境負荷低減の技術を活用・適用する事が出来ます。このようにして、サービス競争力の強化に繋げていく予定です。

◆ISO14001の今後の活用について
継続的な環境改善活動により環境性能の向上、コスト削減等が実現でき、それが企業の競争力強化に繋がると考えています。今後、多くの企業が、認証を取得することにより、社会全体で環境負荷の低減が実現されることを期待します。
現在、松江データセンターパークでは外気冷却方式により年間平均PUE1.2という高効率データセンターが実現できる見込みですが、今後はチラーレス空調、ファンレス空調等によりPUE1.0の究極の省エネルギーデータセンターを実現したいと考えています。また、電力グリッドとの連携の検討等も並行で実施し環境負荷低減、環境性能向上等により社会貢献できるデータセンターを目指しています。


 業界をリードする審査機関の責務として、BSIジャパンはISO14001の認証取得を目指される組織や、ISO14001を有効に活用されたい組織様の為に、情報提供とトレーニングの機会をご用意しております。

「ISO14001(EMS) 入門コース(1日)」 (有料)
【日程・場所】  2013年 5月22日(水)<東京>
【時間】      9:30~17:30 (受付 9:15~)
【詳細・お申込】 http://www.bsigroup.jp/training/


※1  受賞歴(2012年度)
2012年グッドデザイン賞 “グッドデザインベスト100” 受賞
グリーンITアワード2012 “商務情報政策局長賞” 受賞
グリーン・グリッド データセンター・アワード2012 “特別賞”受賞
ASP・SaaS・クラウドアワード2012 “ベスト地域貢献賞” 受賞
MM総研大賞2012 “グリーンIT賞” 受賞

※2  PUE
データセンターのエネルギー利用効率を示す指標で、値が小さいほどIT機器以外の装置による電力消費の割合が低いことを示す。


BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、そして、ISOの設立メンバーとして活動する、規格策定のプロフェッショナルである。現在、147カ国で64,000組織以上のお客様の活動に貢献している。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO9001(品質マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などのISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇る。

BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人である。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供している。
マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に60社以上ある審査機関の中で、最も多くの規格の認証サービスの提供している審査機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする審査機関である。  
URL:http://www.bsigroup.jp/


株式会社インターネットイニシアティブについて
IIJに関する情報は、以下のURLをご参照ください。
URL:http://www.iij.ad.jp/


■ お客様からのお問い合わせ先
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) マーケティング本部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1174
FAX: 03-6890-1181
Email:  Japan.Marketing@bsigroup.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング