【産学官+メディア連携】地元の宝を再発掘し世界へPRする 『全国の街と若者応援 ! プロジェクト』 第1弾 100年後に伝えたい「私の地元遺産」コンテストin三重

PR TIMES / 2014年12月18日 17時32分

募集期間:2014年12月18日(木)~2015年3月1日(日)



株式会社レオパレス21(東京都中野区、社長:深山英世、以下レオパレス21)は、日本中の『地元』の魅力を再発見し世界中に発信することを目的としてスタートした「全国の街と若者応援!プロジェクト」に協賛します。プロジェクトの第1弾として、三重県を舞台に、地元の皆さんだけが知っている、日本中・世界中に知ってほしい名物や行事・習慣の写真やイラスト・絵画などを募集する『100年後に伝えたい「私の地元遺産」コンテストin三重』を、2014年12月18日(木)から2015年3月1日(日)の期間に開催いたします。

「全国の街と若者応援!プロジェクト」とは
「全国の街と若者応援!プロジェクト」とは、「もっと地元を好きになろう!」を合言葉に、地域の活性化やPR、観光誘致につなげることを目的とし、学生を中心とした若い世代がそれぞれの『地元』で再発見・再発掘した魅力を、写真・イラスト・絵画として募集し、新しいコンテンツとして国内外に発信するものです。このプロジェクトを通じて、企業、行政、学校、そしてメディアが協力・連携し、若者を中心に全国の街を盛り上げ、魅力的で元気な日本を世界へPRしていけることを目指します。
また、今回のプロジェクトの応援団長に、レオパレス21の看板リスであるキャラクター「レオパリスくん」が就任しました。全国各地の街の活性化や頑張っている若者たちを全力で応援いたします。

『100年後に伝えたい「私の地元遺産」コンテストin三重』で地元の宝を再発掘!
「全国の街と若者応援!プロジェクト」第1弾は、三重県を舞台に、ガイドブックや観光冊子では紹介されることのない、地元のみなさんだけが知っている、新しい名物や絶景スポット、面白い行事や習慣などを写真やイラスト、絵画で募集する『100年後に伝えたい「私の地元遺産」コンテストin三重』を開催。「人」「物」「街」の3部門について、100年後に残したい“地元の宝”を再発掘することで、その地域の人も知らなかったような魅力を世界中にPRしてまいります。また、第2弾は秋田県を舞台に、2015年1月15日より募集を開始する予定です。
レオパレス21では、快適なお部屋をご提供するだけではなく、これまで開催してきた「レオパレス21 CMソングシンガーオーディション」「お部屋カスタマイズ 壁面アートコンテスト」「レオパレス21キャラクターデザインコンテスト」など多くのコンテストを開催することで、夢に向かって頑張っている若者を応援しています。今後も、レオパレス21による各種コンテストにご注目ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング