1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

日本調剤 横須賀中央薬局にて非接触の処方薬受け渡しの実証実験を開始 フルタイムロッカーで24時間いつでも受け取り可能に -「安心安全な薬の受け渡しの実現」2社合同プロジェクト 第三弾-

PR TIMES / 2021年9月1日 13時15分

日本調剤株式会社 ニュースリリース

 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社所在地:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:三津原 庸介、以下「日本調剤」)は、世界に先駆け「宅配ロッカー・スマートピックアップロッカー」を開発、展開する株式会社フルタイムシステム(本社所在地:東京都千代田区岩本町、代表取締役:原 幸一郎、以下「フルタイムシステム」) との合同プロジェクト第三弾として、日本調剤 横須賀中央薬局(神奈川県横須賀市)において処方薬受け渡しの実証実験を9月1日より開始することをお知らせいたします。本実証実験では「スマートピックアップロッカー」(フルタイムロッカー)を使用し、24時間いつでも処方薬を受け取り可能な体制を整え、非接触による処方薬の受け渡しのニーズや、作業の効率化などを検証いたします。



■実施の背景
 日本調剤ではこれまでにも電話やオンラインでの服薬指導対応の体制を整え、電子お薬手帳「お薬手帳プラス」の「処方せん送信機能」を活用した薬局での待ち時間短縮の取り組みや医薬品配送に対応するなど新型コロナウイルス感染拡大防止に努めてきました。
 そのような中、日本調剤とフルタイムシステムは、コロナ禍においても患者さまが安心して薬物治療・服薬指導を受けられる環境を整備することを目指し、非接触の処方薬受け渡しの実証実験を2020年11月2日より開始しました。第三弾となる今回は、横須賀中央駅前に立地し、三笠ビル商店街からも程近い日本調剤 横須賀中央薬局で実施します。薬局入り口付近に新たに設置した小部屋にスマートピックアップロッカーを設置することで24時間いつでも処方薬を受け取れる体制を整備しました。薬局の営業時間外であっても処方薬を安全に受け取ることができます。


[画像1: https://prtimes.jp/i/13551/177/resize/d13551-177-221e821ba6ba71f4546f-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/13551/177/resize/d13551-177-66f6e60884090c712b2b-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/13551/177/resize/d13551-177-47e526be2af43117333e-2.jpg ]

■「スマートピックアップロッカー」について
 今回の実証実験に使用する「スマートピックアップロッカー」は、フルタイムシステムが開発した宅配ロッカーであり、視認性の高いタッチパネルによって、どなたでも簡単に操作ができます。QRコードをかざすだけで荷物の受け取りが可能で、利便性にも配慮した設計となっています。電気錠の制御や利用履歴データは、コンピュータで管理されるため、患者さまが処方薬を受け取ったかどうかを薬局で管理することも可能です。また、タッチパネルとロッカー内部の床面は「抗菌シート」で保護されているため感染症の拡大防止にも寄与します。


■実証プロジェクト概要
実証プロジェクト:フルタイムロッカーを利用した非接触による処方薬の受渡しの検証
         ・待ち時間短縮による感染症対策
         ・作業の効率化
         ・患者さま・店舗スタッフ双方の安全性の向上
第  三  弾 :日本調剤 横須賀中央薬局(神奈川県横須賀市) 9月1日より運用開始

実証プロジェクト第一弾、第二弾の内容についてはこちらのプレスリリースをご覧ください。
https://www.nicho.co.jp/corporate/newsrelease/20201102_nr2/
https://www.nicho.co.jp/corporate/newsrelease/20201210_nr1/

 日本調剤は今後も感染症の拡大防止や患者さまの利便性・安全性向上のための体制構築を目指すとともに、良質な医療サービスの提供を通して社会に貢献してまいります。

【日本調剤株式会社について】 https://www.nicho.co.jp/
1980(昭和55)年の創業以来、一貫して国の健康保険制度を支える調剤薬局のあるべき機能・役割を全うすべく「医薬分業」を追求し、調剤薬局展開を積極的に行っています。現在では、全都道府県に調剤薬局を展開し約3,000名の薬剤師を有する、日本を代表する調剤薬局企業として評価を得ています。また、ジェネリック医薬品の普及や在宅医療への取り組みを積極的に進めており、さらに超高齢社会に必要とされる良質な医療サービスの提供を行ってまいります。

【株式会社フルタイムシステムについて】 https://www.fts.co.jp

[画像4: https://prtimes.jp/i/13551/177/resize/d13551-177-f3391dfadeae6f926445-3.jpg ]

フルタイムシステムは、世界に先駆け「宅配ボックス」「宅配ロッカー」(フルタイムロッカー)を発明し、集合住宅を中心に戸建て、オフィス、駅などへの設置件数37,000棟を超える宅配ボックス・宅配ロッカーのリーディングカンパニーです。30年以上にわたりお客様の声に耳を傾け、宅配ボックス・宅配ロッカーと24時間有人対応のコントロールセンターを核とし、レンタサイクル、カーシェアリング、EV充電など、住生活を豊かにする設備やサービスを提供しています。今後も集合住宅のみならず、オフィス、店舗、学校、公共施設など、あらゆるシーンでより快適な生活環境の創出と利便性の向上を目指します。

【本ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
日本調剤株式会社 広報部 広報担当
 TEL:03-6810-0826 FAX:03-3201-1510
 E-Mail:pr-info@nicho.co.jp
株式会社フルタイムシステム 広報担当
 TEL:03-3851-5188 FAX:03-3851-2575
 E-Mail:press@fts.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング