~東京大学及びアルマード 産学連携研究成果に関する国際学会における発表のお知らせ~身近な食品ながら産業廃棄物とされる卵の薄皮「卵殻膜」摂取によって肝機能改善効果

PR TIMES / 2012年12月5日 9時30分



国立大学法人東京大学(本部:東京都文京区、総長:濱田純一、以下 東京大学)と、株式会社アルマード(本社:東京都中野区、代表取締役社長:鈴江 由美、以下 アルマード)では、2007 年より産学連携によって、卵殻膜摂食による消化吸収に関する研究を行ってきましたが、このたび、本研究成果を、「栄養補助食品・機能性食品国際学会(The International Society for Nutraceuticals and Functional Foods、
開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州)」において、2012 年12 月5 日(水)に発表いたしますので、下記の通りお知らせいたします。

今回の発表は、四塩化炭素誘導肝障害モデルラットが、微粉砕された卵殻膜の摂取により、肝障害の症状が改善され、炎症や肝繊維化形成が抑制されている方向の様々な変化が見られた、という成果に関するものです。卵殻膜は、従来、産業廃棄物とされてきましたが、その中から新たに機能性を見出したことは、今後、卵殻膜の有用性について研究を進めていくことで、新たな機能性食品や医療品等開発など、新規産業創造への貢献が期待できます。

■発表概要
東京大学総括プロジェクト機構「食と生命」総括寄付講座 加藤久典特任教授の研究グループは、四塩化炭素誘導肝障害モデルラットを用いた実験から、微粉砕された卵殻膜(注1 参照、卵の薄皮部分)の摂取により肝障害の症状が改善され、さらに遺伝子レベルでの解析により炎症や肝繊維化形成が抑制される方向の変化が誘導されることを見出しました。四塩化炭素は肝臓に炎症を誘導し、長期間の投与では肝硬変のモデルとして動物実験において広く用いられています。肝臓機能に着目したのは、初期に行った正常ラットにおける遺伝子発現の網羅的解析により、肝線維化抑制に関わる変化が予想されていたためであり、本研究の成果から、従来、産業廃棄物とされていた卵殻膜の機能性を明らかにすることで、新たな機能性食品の創出や産業への貢献が期待できます。
なお、日本時間2012 年12 月5 日(水)午前3 時半以前の発表は禁じられています(米国ハワイ時間・4 日(火)8 時半に「栄養補助食品・機能性食品国際学会《The International Society for Nutraceuticals and Functional Foods》(開催場所:アメリカ合衆国・ハワイ州)」にて発表予定のため)。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング