【プレスリリース】第3回ロマサミット開催 子ども最優先でロマの社会への受け入れを 3カ国のロマの子どもの報告書を発表

PR TIMES / 2014年4月3日 16時23分



※本信は ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳・編集したものです
※原文をご入用の際は、広報室までお問い合わせください


【2014年4月3日ブリュッセル・ジュネーブ発】

4月4日にブリュッセルで開かれる第3回ロマサミットの前夜に当たり、ユニセフは
ヨーロッパ諸国の政府に対し、ロマを社会に受け入れる政策の中心に子どもをしっかりと
据えることを求めます。

ヨーロッパ全域で、ロマの子どもたちの権利が認識され、進展してきました。しかし、
本日ユニセフが発表する要約報告書『ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア・
旧ユーゴスラビア共和国、セルビアにおけるロマの子どもと女性の権利の認知
(原題:Realizing the rights of Roma Children and women in Bosnia and Herzegovina,
the former Yugoslav Republic of Macedonia and Serbia)』では、多くのロマの少年
少女が依然として極めて貧しく、社会から疎外され、差別されていることが明らかに
なっています。

ユニセフ中部・東部ヨーロッパ、独立国家共同体地域(以下、CEE/CIS)地域事務所代表
のマリー・ピエール・ポワリエは「今こそ、ヨーロッパ諸国の政府は、すべてのロマの
少年少女への義務を果たすときです」と述べました。今年が国連子どもの権利条約の
25周年であることから、これまでに達成できたことと今後の課題を明らかにする機会で
あるとも強調しています。

ポワリエ代表は「義務を政策として実現する必要があります。ロマの子どもたちに
直接的に活用できる資金があれば、子どもたちは自らのすべての可能性を自分のものと
できるようになります。今、最優先すべきは、分散している子どもに関するデータを
集約することです。よりよいデータがあれば、地方と中央それぞれで、よりよい政策と
モニタリングを実行できます」と述べました。

要約報告書は、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア・旧ユーゴスラビア共和国、
セルビアの3カ国で初めて、分散していたロマの子どもに関するデータが集計され、
公開されたことを明らかにしています。

「3カ国での力強い取り組みを称賛します。他国政府やパートナーに、これらの例に
倣うことを求めます」とポワリエ代表は続けました。

ユニセフは3カ国で集計されたデータを分析して要約報告書として発表しました。
ただちに政策として実現することが強調されている分野は、以下の通りです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング