爽やかな冷煎茶×夏フルーツの意外な組み合わせが美味!二層の夏カラーが元気をくれる「トロピカル冷煎茶」、祇園辻利本店の夏限定メニューとして8月1日より新登場。

PR TIMES / 2020年7月31日 10時0分

暑さを吹き飛ばすトロピカルな味わいと、さっぱり爽やかな冷たい煎茶のコラボレーション。

株式会社祇園辻利(本社:京都市東山区)は、2020年8月1日より、祇園本店限定のテイクアウトメニュー「トロピカル冷煎茶」を期間限定で提供いたします。



煎茶本来の旨みと甘みがたっぷり感じられる、冷たい「冷煎茶」と爽やかな風味のオレンジソース、パイナップルを混ぜ合わせ、ナタデココの食感も楽しいトロピカルな一品に仕上がりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/11317/181/resize/d11317-181-640221-4.jpg ]

水出しで抽出したすっきり爽やかな冷煎茶は、苦みや渋みが少なく、夏にゴクゴク飲んでいただける水分補給にも最適なドリンク。その冷煎茶に、オレンジの風味とパインの香りを掛け合わせると、フルーティな冷煎茶に様変わり。甘さ控えめ、後味さっぱりの仕上がりです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/11317/181/resize/d11317-181-970105-3.jpg ]



爽やかさな喉ごしとフルーティな甘酸っぱさ、ナタデココの歯ごたえがアクセント。見た目も味も、元気になれる一品です。

商品概要

商品名:トロピカル冷煎茶
提供価格:500円(税込)
提供期間:2020年8月1日(土)~9月中旬頃
※予告なく終了する場合があります。予めご了承ください。
提供店舗 :祇園辻利 祇園本店


公式SNS


[画像3: https://prtimes.jp/i/11317/181/resize/d11317-181-905254-0.jpg ]

宇治茶一筋、京都祇園にお店を構えて71年の「祇園辻利」と、良質な宇治抹茶を贅沢に使った抹茶スイーツをご提供して41年「茶寮都路里」の公式SNSです。
商品や最新メニュー、祇園の風景などをアップしていきます。たくさんのフォローやいいねをお待ちしています。
■Facebook
https://www.facebook.com/giontsujirisaryotsujiri/
■Instagram
https://www.instagram.com/giontsujirisaryotsujiri/

祇園辻利について


[画像4: https://prtimes.jp/i/11317/181/resize/d11317-181-986543-1.jpg ]

祇園辻利の歴史は、1860年(萬延元年)、屋号を初代・辻利右衛門の名より「辻利」とし、宇治(現・京都府宇治市)にて宇治茶の製造と販売を開業したことに始まります。
のちに京都・祇園を礎とすることから、「祇園辻利」と改名いたしました。古くより不老長寿のために珍重されてきたお茶は、心身にゆとりと安らぎを与える一 服の贈りもの。お茶の豊かな味わいと愉しみをお届けすることで、人々の健やかな日々と日本の伝統文化の継承に貢献してまいります。


社名 株式会社祇園辻利
所在地 本社:京都市東山区小松町11-5
本店:京都市東山区祇園町南側573-3
代表者 代表取締役三好正晃
事業内容 宇治茶・抹茶菓子販売
webサイト www.giontsujiri.co.jp

※本プレスリリースに記載されている内容は発表時点の情報です。
予告なしに予定が変更となる場合もあります。あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング