「20代が働きやすい業界ランキング」を発表 1位は電気・ガス業界(企業口コミサイトキャリコネ)

PR TIMES / 2019年3月19日 10時40分

20代の安定志向を反映した結果に

年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」( https://careerconnection.jp/)(運営:株式会社グローバルウェイ、本社:東京都港区、代表取締役社長:各務正人)は、「20代が働きやすい業界ランキング」を発表します。



社会人として大きく成長していく20代。入社当初は仕事とプライベートの両立が可能かどうか、企業のブラック度や労働時間が気になるかもしれません。さまざまな経験を積み20代も後半になってくると、知識やスキルも習得し、仕事のやりがいを求めたり、収入アップを望んだりする人も増えてくるでしょう。

では、20代が働きやすいと感じているのはどの業界なのでしょうか。「キャリコネ」の20代のユーザーによる総合評価(5点満点)をもとに、業界別に評価の平均値を算出し、ランキング化しました。

【20代が働きやすい業界ランキング】

[画像1: https://prtimes.jp/i/18764/181/resize/d18764-181-608569-0.png ]

1位を獲得したのは、電気・ガス業界。エネルギーの小売自由化により市場競争が加速しているものの、電気・ガスは日常生活に必要不可欠な社会インフラの一つ。20代の安定志向を反映した結果になりました。

厚生労働省の離職状況調査によると、2014年3月に大学を卒業した新卒就職者の3年以内離職率は全体で32.2%。対して「電気・ガス・熱供給・水道業」ではわずか9.7%です。この離職率の低さからも、電気・ガス業界が若手社員にとって働きやすい環境であることがうかがえます。大阪ガスでは、入社後3年間は特に手厚い若年層向け研修を行っており、「20代が働きやすい企業ランキング」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000085.000018764.html)でも堂々1位を獲得しています。

2位の医薬品業界では、外資系企業を中心に成果主義が採用されており、若手にも昇給・昇格のチャンスが多い傾向にあります。福利厚生が整っていてワークライフバランスが取りやすい企業が多いことも高評価に繋がったようです。アステラス製薬では有能な人材には「飛び級」制度を適用。2009年より所定労働時間を短縮する制度を導入するなど、働き方改革の先駆け的存在となっています。

3位のガラス・土石製品業界も、近年働き方改革が進められています。TOTOは人材を大切にする会社に贈られる「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」で2017年に経済産業大臣賞を受賞。2022年度までにライフイベントによる離職率0%にすることを目標にしており、女性社員へのキャリア支援などにも積極的に取り組んでいます。

それでは、TOP10の業界に属する企業の口コミもご紹介しましょう。

1位:電気・ガス業界(総合評価:3.25)

「勤勉な方が多く、業務の知識や資格を取得するための勉強会も定期的に開催されているため、社員の向上心を手助けする制度が整っている。そのため、年功序列の色が残る会社であるが、ベテランの方の仕事ぶりから、技術の高さや業務の経験量が違うと感じさせられることが多々ある。一人前になるためには、日々の努力の積み重ねが必要であると改めて感じさせられる企業だと感じた」
(大阪ガス/電気・通信設備施工管理/20代前半男性/年収250万円/2013年度)

2位:医薬品業界(総合評価:3.19)

「報酬額はとても満足しています。MRという職種柄、給料や福利厚生は全体的にどの製薬企業も良いのですが、アステラスはそのなかでもトップクラスではないでしょうか。家賃負担は約1割で、男性の育児休暇制度や有休を積極的に消化する流れもあります。能力も正当に評価されますし、働きやすいですよ」
(アステラス製薬/代理店営業/20代前半男性/年収650万円/2015年度)

3位:ガラス・土石製品業界(総合評価:3.18)

「福利厚生の制度は非常に整っている。特に女性には優しく、結婚後は地域正社員のような形で給料はやや下がるものの配偶者の近くの勤務地にて働くことができる。働く人を大切にする傾向が強い」
(TOTO/代理店営業/20代前半女性/年収400万円/2016年度)

4位:電気機器業界(総合評価:3.12)

「研修などがしっかりしているため、必要な技術を学ぶことができ、ものづくりに対する面白みを感じることができています。ものづくりが好きな人には是非おすすめの会社だと思います。だれもが使うスマホの中に使われている電子部品を作っており、グローバルに働けるので、日々やりがいを感じています」
(村田製作所/生産・製造技術/20代前半男性/年収400万円/2017年度)

4位:輸送用機器業界(総合評価:3.12)

「メーカーのなかでは給与は高いと感じる。また査定に関しても、妥当であると感じる。上司とフィードバック面談があり、その場で良い点、改善すべき点を述べてくれる」
(トヨタ自動車/研究開発/20代後半男性/年収700万円/2018年度)

6位:リース・消費者金融・クレカ・信販業界(総合評価:3.11)

「残業は少なく、休日出勤はない。とてもいい職場でした。ワークライフバランスもとれるので、家族を持っている人にもおすすめできる。仕事内容は専門的でありながら勉強になる点は多く、次の職場でも生きてくると思う。今回は、事情があり転職したが次も機会があれば働きたいと思う」
(三菱UFJニコス/企画営業/20代前半男性/年収300万円/2015年度)

7位:非鉄金属業界(総合評価:3.10)

「若手のうちから責任ある仕事を任せてもらえるため、やりがいは非常に大きい。また、海外を相手にすることもあり、海外志向の強い人にも向いているものと考えられる。さらに、少数精鋭主義であるため、業務量も程よく多く、暇な状態にならないので、しっかり仕事をしたい人にもおすすめである」
(住友電気工業/企画営業/20代前半男性/年収300万円/2018年度)

8位:化学業界(総合評価:3.08)

「大卒であれば約2年に一度昇進があり、特に問題が無ければ(大半の大卒正社員は)30代前半で係長になるようです。一方の高卒・高専卒は所定の資格を取得し、社内試験を受けることで大卒並みの出世コースに乗ります。正社員で頑張る人であれば出世コースは誰しもに開かれていると感じます」
(旭化成/研究開発/20代後半男性/年収600万円/2017年度)

9位:石油・石炭製品業界(総合評価:3.07)

「家賃補助もあり、福利厚生は非常に手厚い。独身はほとんどただ同然で借り上げ社宅に入れる。それ以外の人もエリアは限定されるものの、格安で借り上げ社宅に入居できる」
(出光興産/代理店営業/20代後半男性/年収550万円/2017年度)

10位:鉱業界(総合評価:3.06)

「資源開発という形で、日本に貢献できる仕事であるというところに一番のやりがいを感じます。今後は、資源ナショナリズムがさらに台頭してくるため、いかに安定的なエネルギーの供給を行うかについて、既存の在来型資源だけにとらわれることなく取り組んでいけることが面白いです」
(国際石油開発帝石/技術関連職/20代前半男性/年収400万円/2012年度)

10位:海運業界(総合評価:3.06)

「世界を股にかけた国際的な仕事ができる。世界経済の動きだけでなく、世界中の気象や文化も考えて仕事を進めていく。若いうちから担当船を持たされて責任のあるやりがいのある仕事を行うことができる。また、船の世界という普段全く身近に感じない世界に触れることができる。グローバルな仕事をしたい人にはうってつけ」
(日本郵船/物流サービス/20代前半男性/年収300万円/2011年度)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
<調査概要> 「20代が働きやすい業界ランキング」
調査内容:対象期間中に「キャリコネ」に20代のユーザーからの評価が寄せられた企業を抽出し、業界別に評価の平均値を算出
対象期間:2014年4月1日~2018年3月31日
回答者:キャリコネ会員のうち勤務先を評価対象企業に選択した会員
採点項目:以下6項目の評価の平均点(総合評価)(5点満点)
「労働時間の満足度-残業や長時間労働がないか」
「仕事のやりがい-楽しいか、意義を感じるか」
「ストレス度の低さ-心身に疲弊感はないか」
「休日の満足度-休みがあるか、有休を取れるか」
「給与の満足度-金額は十分か、割に合うか」
「ホワイト度-ブラック企業でないかを総合判断」
※本記事では、キャリコネの「その他金融」業界を「リース・消費者金融・クレカ・信販」、「その他製品」業界を「一般消費財・印刷」と表記しています
ーーーーーーーーーーーーーーーー

キャリコネでは、さまざまな業界・属性別の企業ランキングや給与明細を紹介しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/18764/181/resize/d18764-181-285745-1.png ]

ーーーーーーーーーーーーーーーー
【キャリコネについて】
キャリコネは社員の皆様が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などを共有するサイトです。
社員が企業についての正直な意見を挙げられること、そしてその率直な意見を皆で共有することで、働く人と企業の両方の繁栄を目指しています。
URL: https://careerconnection.jp/

【株式会社グローバルウェイについて】
本社:〒105-0013 東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル
代表者:代表取締役社長 各務正人
設立:2004年10月
URL: https://www.globalway.co.jp/
事業内容:
1. ソーシャル・ウェブメディア事業
企業の口コミ情報「キャリコネ」、転職サイト「キャリコネ転職」、ニュースサイト「キャリコネニュース」など運営。
2. ビジネス・ウェブアプリケーション事業
企業のグローバル展開のための業務アプリケーション導入コンサル、ソフトウェア設計・開発・サポートサービス「Globalway.tech」を提供。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング